人気ブログランキング |

2019年 10月 08日 ( 1 )

信州・渋温泉2005(6)







d0108132_11114685.jpg




地獄谷 野猿公苑
------------


【今日のAI】
最近の私のAIのテーマは「ウォーリーを探せ!」をやらせることなのだが、
そこにたどり着くにはいろいろな障害がある。
今使っているAIのモデルであるSSD300なら、見つけた場所を四角で囲って教えてくれるが、
標準的なSSD300ではあらかじめ決まった20種類のものしか認識できない。
新たな対象を認識させるには学習が必要だ。
簡単な4層(脳のシナプスが4段みたいな感じ)くらいのディープ・ラーニングモデルなら
何度も学習させたことがあるが、SSD300は66層もあって、そのすべてを最初から学習させたら
何日もかかる。こういうときには転移学習という方法を使う。一部の「記憶」を消して、
そこだけを新しい対象で学習させ直すのだ。
ネットの記事を読んだときは簡単じゃんと思ったのだが、実際にやってみると
66層のどこを忘れさせればいいのかわからず、AIはすぐ何も認識できない認知症状態に陥る。
ウォーリーでは対象が微妙過ぎるので、とりあえずカエルでやっているのだが、
カエルの場所は適切に認識するがカエルを鳥だと判断したり、なんとかカエルを覚えると今度はオネーサンまで
カエルだと言い張ったり、子どもにモノの名前を教えるのはこういう大変さがあるのだろう。
試行錯誤を繰り返すこと2日くらいでようやく、どこまで記憶を消せば対象の在りかを認識できる状態のまま
オネーサンとカエルを判別できるかが分かってきた。
(ちなみに第32層が全結合層FC7なので、それ以降を再学習させる)
AIの道は果てしない。









.

by tullyz1 | 2019-10-08 17:12 | Comments(4)