人気ブログランキング |

2018年 12月 25日 ( 1 )

湖東三山(13)





d0108132_00042291.jpg





d0108132_00042695.jpg







d0108132_00051755.jpg





--------------




冬の工作物語。
中国からの部品が来ないので、それ用の穴に1mmほど開けて天板に蓋をしたバスレフ状態で試聴中。
比較対象はBGM用に使っているTangband W3-582SCをFOSTEXの箱 P800-Eに入れたもの。
ユニットの値段は約7倍、箱は約3.6倍の差がある。
単体でブラインドテストをしても簡単にわかるレベルの差はないが
よく聴き込むと、女性ボーカルの色っぽさはTangband の方がかなりある。
スーパーツイーターを載せてやるとその差は小さくなる。
近接と試聴位置で周波数特性を測ってみたところ、結構フラットでいい感じ。
Tangbandが13kHzあたりから落ちるのに比べて、新しいユニットは11kあたりから落ちている。
またTangbandは1KHzくらいから少し上がっているのだが、このスピーカーは
2-3KHzにかけて若干落ちている。
その辺が女性ボーカルの色っぽさ(サ行の音など)として感じられるのだろう。
とはいえ所詮BGM用のスピーカーなので、ここまでの音が出たら大したものだ。
クラシック、ジャズ、海外&国内のポップスをいろいろ聴いた結果、
オリジナルにはなかった吸音材を入れた方が音がきれいだった。
低音については中国からの部品が来ないとわからないが、楽しみではある。




.


by tullyz1 | 2018-12-25 16:05 | Comments(8)