2018年 01月 30日 ( 1 )

京都の小路巡り(12)

最後に行った辻子はちょっと離れた上京区の西陣にあった。
紋屋の辻子(もんやのずし)。
紋屋とは宮中に納める織物を取り仕切っていた織物司なんだとか。




d0108132_23445200.jpg






d0108132_23445748.jpg



紋屋の辻子
--------------





仮想通貨・NEMが流出したというニュースはどこかの変わった人たちがやっている話と思って聞いていたが
なんと毎日よく話をしている職場の若い女子が仮想通貨の取引をやっていたことが判明^^; マジか。
超ハイリスク・ハイリターンでとても手を出す気にはならないが、女の人は怖い^^;









.


[PR]

by tullyz1 | 2018-01-30 16:50 | Comments(4)