人気ブログランキング |

軽井沢(6)







軽井沢(6)_d0108132_22281579.jpg






--------------





今日も無料オンライン講座gaccoで「推論・知識処理・自然言語処理」を視聴した。
今日は「探索問題」というテーマだったのだが、こういう知識をもっと若い時に
ちゃんと学習していれば、人生はもっと効率いいものになっていたと思う。
子どもが「算数(あるいは数学)って何の役に立つの?」という質問を
親に投げかけて、回答できない親がいるという話がよくあるが、
まさにその状態。角を歩いて曲がるときに道路に沿って歩くより
斜めに近道した方が早いというのは別に算数を習わなくてもわかるわけだが、
人生の選択がいくつもあったときにどれを選ぶかというとても重要なスキルを
プログラミング教育では学ぶことができる。(たぶん小学校では表面的なことしか
教えないだろうから、こういう役に立つスキルは学べないだろうが^^)

まずはヒューリステイックスというテクニック。
何も考えずにやったら数百万通りの選択肢がある場合でも、ちょっと考えると
数百通りに、もうちょっと考えると数十通りに選択肢を減らせる。
この技術を小学校の時に知っていたら、その後の人生は雲泥の差だ。
その一つがA*探索と呼ばれるもので、ひとことでいえば、
石橋をさんざん叩いて渡らないより、時間をかけず軽く叩いて渡った方が
得るものが大きいということ。数字を使って説明してくれている。
私は石橋をたたき壊すほど叩く方なので、たぶんチャンスを逃していたと反省。

もう一つは制約充足というテクニックで、これを知っていたら
人生の正しい選択が一瞬でできるようになっていただろう。
どうしてこういう人生に役に立つ技術を義務教育では教えてくれないのか。






.



by tullyz1 | 2020-06-19 10:49 | Comments(2)

Commented by voyagers-x at 2020-06-19 15:37
こんにちは ‼️
「推論・知識処理・自然言語処理」......テーマだけを見ると凄く難しく、とっつきにくい感じがしますね^_^; 人生いろいろな自分で決めなくてはいけないことが目の前に現れてきますが、その時にちゃんと自分で考えて、少しだけ労力を減らし要領よく正しい選択が出来た方がいいですよね。人生遠回りしてもちゃんと到着出来たらいいなんて考えますけど、出来れば短い距離で簡単に正しく、別に手を抜くわけではなくて、自分で考えて到達出来たら、それが一番です。汗だらだらかいて自転車を25分こいで消費カロリーがたったの40kcal 、キャラメル一個が20kcal、あー数字だけ見るとお腹の脂を取るのはほんとに大変ですね。キャラメル人箱食べたら努力が水の泡ですね。最近全然お菓子を食べていません^_^;
Commented by tullyz1 at 2020-06-19 16:12
>voyagers-xさん
人工知能の入口といった内容です。でも大学の講義のレベルですから、
言っていることがちんぷんかんぷんということにはなりません^^
昨日はド・モルガンの法則なんという懐かしいのも出てきました。
人生の選択って家庭でも会社でもいくらでもありますが、
問題をシンプルにすることで正しい答えを短時間に導き出すというのは
数学とかプログラミングに通じるものがあります。
何も考えず遠回りすると数百万回なのに、ちょっと考えると数十回という例は
ちょっと衝撃的でした^^ そこまで違うと「ちょっと遠回り」では済まされません^^;
手を抜くのではなく、いかに無駄なことをしないかということなんですよね。
25分の努力が40Kcal^^ スポーツの世界もいかに効率よくトレーニングするかですね。
根性や努力は時代遅れです^^
ちなみに私の座右の銘は「できるだけなにもしない」です^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 軽井沢(7) 軽井沢(5) >>