人気ブログランキング |

冬の訪れ






10月末頃の写真。
高い山にいた蝶がふもとに降りてくると冬が近づいたことを知る。



冬の訪れ_d0108132_23161742.jpg




-------------



缶国のトップ囲碁棋士が「努力してもAIには勝てない」 という理由で引退した。
「AIによって無くなる仕事」というのが一時期話題になっていたが、
囲碁のプロ棋士もそのひとつなのだろう。努力しても必ずしも報われないというのは
子どもの頃から思っていたことではあるが、子どもや若い人たちには
まず何をやるべきかを考えるべきということを伝えていきたい。
会社の中にも、その仕事、本当にやる必要があるのかというものが
たくさんあるが、無駄を無くしたいかどうかは管理職が考えることなので
余計なお節介は焼かない。





.


by tullyz1 | 2019-12-02 17:11 | Comments(4)

Commented by izumi-suzuki at 2019-12-02 19:48
この蝶々は高山蝶なのですね。里に下りてくればお花も咲いているしね。麓にやってきてホッとしているのでしょうね。
M10で飛んでいる蝶にピントがくるなんて、神業ですね。tullyz1さんも匠の域に入られましたか・・・・AFは好きではなくて他のカメラでもめったに使わないのでMFには慣れているつもりなのですが、レンジファインダーで動きを追うのはやっぱり難しいです。
Commented by tullyz1 at 2019-12-02 22:43
>izumi-suzukiさん
おうちの方は落ち着かれましたか? 
ヒメアカタテハなので高山蝶というほどでもないですが、
こういう蝶が増えると季節を感じます。
飛んでないですよ、花にとまっています^^ 
さすがに飛んでいる蝶が撮れたら神業ですね^^ 
よさこいソーランなどで舞っているオネーサンを追うのがやっとです。
 
Commented by voyagers-x at 2019-12-03 09:00
おはようございます ! !
AIと競ってどうする、とちょっと思ってしまいますが
Leicaでもマクロ的には撮れないにしても、十分楽しめますね、花の接近した写真
ズミルックス、50mmはいつも欲しいなと思ってしまうレンズの一つです
でも欲しいものの順番が........
今度買うのは......もう一度スキャナーかな ^^;

Commented by tullyz1 at 2019-12-03 17:47
>voyagers-xさん
かつては囲碁はコンピューターにはできないことだったので
世界一を狙う意味があったのですが、囲碁なんてパソコンに
やらせとけばいいじゃんという世界になってしまうと
自分の存在意義が否定されたと感じたのでしょうね。
どんなことでもそうですが、機械に勝てないなら
人間がやる意味はないです。
遊びでやる囲碁ならいいけど、プロとしては負けることは
自己否定につながりますね。
写真スキャナーってまだあるんでしょうか。
文書スキャナーはまだ需要がありますが、写真を高品質で
スキャンする需要ってもうないですからね。
美術品なんかもスキャンではなくて、デジカメで撮って
データにしてますよね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 秋の乗鞍高原(1) クラフトピクニック(17) >>