人気ブログランキング |

白馬 北尾根高原(8)

トレッキングコースから下を望む。






d0108132_23070123.jpg





---------------



【今日のAI】
ブロック崩しゲームに私のAIが全然勝てない件。
ネットをググった結果、いろんなことが分かった。
OpenAIのブロック崩しには別のバージョンがあったのだ。
普通のバージョン(v0)は簡単に勝たせないため、ある方策を持っている。
それは、4回に1回はユーザーが操作(あるいは入力)した通りには動かず
直前の操作を繰り返すということ。
私も自分でプレイした時に、なんか変だなとは思っていたのだが
それが”仕様”だとは思わなかった。普通の製品でそんな仕様を持つものはないからだ。
それはバグではなく、仕様としてプログラムに仕組まれている。
その”仕様”の結果、ある人の調査ではAIは35~50点以上は取れないことが分かった。
(しかも200万回の学習で!orz 50万回くらいの学習では5点くらいが関の山だ)
あまりにひどいので、その仕様を外したv4というバージョンがあり、
それなら300点は行けたらしい。
(Natureの論文では600回の学習で400点を超えたとある)
ルールを守らない缶国のようなゲームに対しても期待される成果を上げるAIを作るには
かなりのスキルを持ったAI設計者が必要なようだ。

ちなみに私のAIでは相変わらず11点以上行けたことが無いので、
問題はそこだけではなさそうだorz







.


by tullyz1 | 2019-11-07 16:07 | Comments(2)

Commented by voyagers-x at 2019-11-08 09:34
おはようございます ! !
学習の回数......200万回とか50万回とか、とんでもない回数になるのですね。
今日の写真も素敵ですね。
自然の造形は、変な理屈じゃなくて見て綺麗、シンプルに感じることができるのが素敵ですね。
この風景もいずれは雪に埋もれるんでしょうね。
崖崩れ土砂崩れなどで、この景観壊れないだろうか.......近年だんだんと災害が多くなってるので
なんとなく自然の素敵な景観を見た時に、つい余計な心配をしながら見てしまうことがあります ^^;

Commented by tullyz1 at 2019-11-08 10:52
>voyagers-xさん
AIの学習ってとんでもなく時間がかかります。
まあ機械にやらせとけばいいんですけれどね。
ただ時間はかかるので仕事で行ってる人はたまらないでしょうね。
高速の処理装置が欲しくなるんでしょう。
トレッキングコースは山道をひたすら歩いて行くのですが
時々視界が開けてこんな景色が見えてきます。
北尾根高原は基本的にスキー場なので冬になったら相当な雪が積もるのでしょう。
崖崩れ。どうなんでしょうね。今日の写真で見える渓流の水かさは雨が降ったら
かなり増えるのでしょうけれど、 あまり崖崩れとか洪水とかの話は聞いたことがありません。
先日の雨も千年に一度とかいうレベルみたいですので、昔の経験はもうあてになりませんね。
綺麗な景観を見ているときも、そこにどんなリスクがあるかを考えておくのは大切かもしれません。
名前
URL
削除用パスワード

<< 白馬 北尾根高原(9) 白馬 北尾根高原(7) >>