人気ブログランキング |

信州・渋温泉2005(6)







d0108132_11114685.jpg




地獄谷 野猿公苑
------------


【今日のAI】
最近の私のAIのテーマは「ウォーリーを探せ!」をやらせることなのだが、
そこにたどり着くにはいろいろな障害がある。
今使っているAIのモデルであるSSD300なら、見つけた場所を四角で囲って教えてくれるが、
標準的なSSD300ではあらかじめ決まった20種類のものしか認識できない。
新たな対象を認識させるには学習が必要だ。
簡単な4層(脳のシナプスが4段みたいな感じ)くらいのディープ・ラーニングモデルなら
何度も学習させたことがあるが、SSD300は66層もあって、そのすべてを最初から学習させたら
何日もかかる。こういうときには転移学習という方法を使う。一部の「記憶」を消して、
そこだけを新しい対象で学習させ直すのだ。
ネットの記事を読んだときは簡単じゃんと思ったのだが、実際にやってみると
66層のどこを忘れさせればいいのかわからず、AIはすぐ何も認識できない認知症状態に陥る。
ウォーリーでは対象が微妙過ぎるので、とりあえずカエルでやっているのだが、
カエルの場所は適切に認識するがカエルを鳥だと判断したり、なんとかカエルを覚えると今度はオネーサンまで
カエルだと言い張ったり、子どもにモノの名前を教えるのはこういう大変さがあるのだろう。
試行錯誤を繰り返すこと2日くらいでようやく、どこまで記憶を消せば対象の在りかを認識できる状態のまま
オネーサンとカエルを判別できるかが分かってきた。
(ちなみに第32層が全結合層FC7なので、それ以降を再学習させる)
AIの道は果てしない。









.

by tullyz1 | 2019-10-08 17:12 | Comments(4)

Commented by roxanne6 at 2019-10-08 17:19
お猿とおねーさんは区別できますか?^^
Commented by tullyz1 at 2019-10-08 23:49
>roxanne6さん
やってみましたが「犬」と判断されましたね。小さい猿は「鳥」と。「猿」は教えてないモデルなので。
人ではなくて良かったです^^ 
Commented by voyagers-x at 2019-10-09 13:34
こんにちは ! !
たくさん見える人の顔を自動で認識して判別、すごい技術ですね
本当ウォーリーをさがせを瞬時にやってしまうようなものですね
お猿さん気持ちよさそう
どのお猿も同じ顔に見えるけど、熟練した飼育係はちゃんとどこか見分けのポイントがあって
しっかりと判別できるんですよね
週末は日田の方の温泉旅館に行きます
今の所、阿蘇の草千里に立ち寄ろうかと思っています.......M10-Pだけ持って行こうかな

Commented by tullyz1 at 2019-10-09 17:57
>voyagers-xさん
ウォーリーを探せ!ができれば面白いのですが、
本の出版時期ごとに微妙に顔が違っているので、できるのかどうか疑問に思えてきました。
まあ、やり方を勉強しておけば、他の用途に使える技術ですから
ダメでもいいです。
飼育員さんは猿を見分けられるのでしょうね。
人間も近所の犬を毎日見ていると個性が識別できるようになるので、
AI同様、何度も繰り返し学習することが重要なのかもしれません^^
今週末は連休ですね。私もいつもより長い連休です。台風が心配ですね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 信州・渋温泉2005(7) 信州・渋温泉2005(5) >>