人気ブログランキング |

東北の夏(14)

灯台は画になる。
信州には海が無いので、灯台もない。
普段、見慣れないから魅力を感じるのかも。





d0108132_11243742.jpg








----------------



中国では豚コレラによって数百万頭の豚が処分されていて、豚肉が足りないので
政府が備蓄している豚肉を放出するらしい。豚肉って石油と同じくらい必需品?^^
やっぱりチャーシューとか北京ダックみたいにして備蓄しているんだろうか。
アメリカから輸入したいところだろうが、関税かけちゃったしね。







.


by tullyz1 | 2019-08-30 11:17 | Comments(6)

Commented by voyagers-x at 2019-08-30 11:37
おはようございます ! !
灯台は本当に素敵な被写体ですね
灯台巡りしてみたら楽しい風景シリーズが撮れそうですね
灯台のある断崖絶壁、斜面の緑は草だけなのか、それとも少し苔むしてるのか........
あ、こんなところに苔なんて生えないですね
沖縄に行った時に、断崖から海を見下ろした時になんだか吸い込まれそうでやばかった
あー、こういう風にして転落死するのかと一瞬思いました
その時のことをちらっと思い出す今日の写真です ^^;
Commented by tullyz1 at 2019-08-30 12:06
>voyagers-xさん
白い灯台もいいですが、オレンジがカラフルでいいです^^
灯台は機会があれば見に行っているのですが、
最近はGPSがあるから存在意義がなくなってしまっているみたいですね。
これも絶滅危惧種でしょうか。
緑はたぶん草でしょう。日差しが強すぎます。
断崖絶壁といえば福井の「東尋坊」。
平衡感覚がなくなるのでフラッと逝きそうです。
ハイヒールで断崖の岩場を歩いていたオネーサンがいました^^;
無知で死ぬっていうのはこういうことなんだなと思いました^^
Commented by roxanne6 at 2019-08-30 18:58
赤白の灯台珍しいですね、たいてい白のみなんですが。
カメラバッグが2転3転しましたが、おんぼろドンケを持ち出しました
Commented by izumi-suzuki at 2019-08-30 19:52
お久しぶりです。
サボってばかりの私ですけれど、tullyz1さんのブログにお邪魔するとなんだかホッと安心できて、あぁ平和な日常が戻ってきたなという感じです。
幻想的な雰囲気の灯台ですね。岩がごつごつしていて、波が荒いんだろうなと思いました。
こういう雰囲気は「旅だなぁ」ってつくづく感じます。「旅行」ではなくて「旅」。
灯台は船だけのためではなくて、彷徨える旅人の心のよすがのような気もします。
Commented by tullyz1 at 2019-08-30 20:14
>roxanne6さん
不老ふ死温泉の近くにも灯台がありましたが、白だけでした。
今回はドンケですか。まあ、目立たなくていいですよね。
Commented by tullyz1 at 2019-08-30 20:27
>izumi-suzukiさん
お久しぶりです^^ 
燃え尽きていらしたようですが、お元気そうで何よりです^^
でも、いろいろ頑張ってらしたのですね。
幻想的ですか。この辺は岩がごつごつしたところが多かったです。
地盤が隆起したようですね。
東北は人も少なくて、確かに「旅」という表現がぴったりかもしれません。
「心のよすが」ですか。最近は動いていない灯台も多いので、
実質的には役割を終えたのかもしれませんが、こうして画にしたくなるのは
機能を越えた存在ということなのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 東北の夏(15) 東北の夏(13) >>