人気ブログランキング |

早春の京都2019(3)








d0108132_23570023.jpg





d0108132_23570774.jpg






d0108132_23571613.jpg
(注:探してもオネーサンはいません)







京都御苑
---------------





87歳が運転していて母子を殺害した事件。
最愛の人たちを突然亡くしたご主人の悲しみを思うと胸が痛くなる。
一瞬で生きる目的をすべて失った。
高齢者の免許継続はだんだん厳しくはなっているが、
テストの時に発症しなければパスしてしまい、毎回、こんなことが繰り返されていく。
昨日までしっかりしていても突然認知症は発生するものだ。
最悪のことは最悪の時に起こるというのがマーフィーの法則。
今どきなので高齢者は自動ブレーキ限定免許にするとかすれば、
ここまでひどいことにはならないだろう。
実効性のある具体的な対策が早急に求められる。










.

by tullyz1 | 2019-04-20 16:57 | Comments(8)

Commented by umi_bari at 2019-04-20 18:05
旧近衛邸跡ですね。
立派な桜ですよね。
お見事バグースです。

Commented by tullyz1 at 2019-04-20 18:20
> umi_bariさん
ここも急近衛邸跡です。ここくらいしか桜は咲いていませんでした。
3枚目みたいな白い花は咲いていましたが、桃ですかね。
Commented by roxanne6 at 2019-04-20 18:36
最近高齢者のプリウスの事故が多いです、仕事場の近くでも美容院に突っ込んで大惨事になりました
マニュアルでないと許可しない、となればいいのかっていうと、以前マニュアル車でお爺さんがクラッチ焼いて
立ち往生してましたから
Commented by tullyz1 at 2019-04-20 18:42
>roxanne6さん
高齢者マークの車、ホントに怖いです。一時停止なんて平気で無視ですから。
親戚でも80代後半でまだ運転している人がいて、そのうち人を殺すなと思って見ています。
車が動かないくらいなら人を殺すこともないのでOKです^^
Commented by scara fragola at 2019-04-20 22:53 x
こんばんは。
酷い事故でしたね。いや、もはや事件かもしれません。
イギリスのブレグジットも、年寄りの古き良きグレートブリテン回顧の幻想で
揉めにもめていますが、年寄りはいい加減にしなければいけません。
被害者には過失では済まされないのだから、禁固刑などの厳罰化をして
自発的に免許証の返納を推進する施策が必要な時代になりました。
東京にいると殆ど車は必要ないと思うのですが、年寄り程自動車を使っている気がします。
因みに昨年は一年間で2回しかガソリンを給油しませんでした。
Commented by tullyz1 at 2019-04-20 23:56
>sacra fragolaさん
たぶん本人も家族も、人が死んでも仕方ないと思っていたでしょうね。
そうならないと本人も運転を諦めなかったでしょうし。
ブレグジットも終わりが見えない感じですが、企業はいつまでも茶番に付き合ってはいられません^^
田舎は特に車が無いと動きがとれないので、自主返納は難しいでしょうね。
禁固刑にできたとしても、家族が殺されてしまったら何の意味もありません。
自動ブレーキという便利なものがあるので、それを条件にするしかないかなと思います。
高齢者ドライバーも急増していて、一時停止くらいだと年寄りはまず無視するし、
赤信号も100%安全ではないので徐行しています^^;
老人対策でドライブレコーダーが必要かもと思っています。
Commented by Neoribates at 2019-04-21 11:28
プリウスのこれまでの事故実績を紹介している記事が載っていましたが,それが本当だとだいぶ話が違ってきそうです.
まあ,いずれにしても日本のような自動車交通環境の要因が不利なところでは,高齢者の免許証返納は義務化するしかないようにも思えますが.
Commented by tullyz1 at 2019-04-21 15:25
>Neoribatesさん
プリウスってフライトレコーダーみたいなものを搭載しているのですね。どんな操作をしたかわかるみたいです。奇妙な事故が多発したので、自己防衛のために搭載しているのでしょう。さて、運転手と車、どっちが嘘つきなのでしょう^^ 
高齢者全員が常に認知症ではないと思いますし、今回は都会でしたが、タクシーの少ない田舎だと車がないと生活に支障が出るのも事実なので、自動ブレーキを義務付けるくらいが落としどころではと思ってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード

<< 早春の京都2019(4) 早春の京都2019(2) >>