人気ブログランキング |

伊豆の旅(19)

さて、帰ろうかな。





d0108132_12023603.jpg





---------------



プレミアムモルツの2019年度版の電動神泡サーバーを手に入れた。
とりあえず取説に書いてあるようにやったのだが
全然泡が出ないorz メーカーの動画ではきれいに泡が出ているのに・・・。
一般の人の動画を見たら、やっぱり失敗している。
どうも、超音波振動子が缶といい感じに接触していないとダメみたい。
いい感じに接触すると缶から振動音が聞こえるのだが、一発ではうまくいかない。
缶を持たなければいいのかな? 一日一缶しか飲まないので検証に時間がかかる^^;





.

by tullyz1 | 2019-03-22 16:03 | Comments(10)

Commented by roxanne6 at 2019-03-22 19:37
人のいない桜堤、観光写真になりますね
Commented by tullyz1 at 2019-03-22 21:43
>roxanne6さん
凄いでしょ^^ 誰もいないんです。もちろん、オネーサンも^^
Commented by izumi-suzuki at 2019-03-22 23:16
こんなに誰もいない河津桜を始めて見ました。
よっぽど内緒の場所なのかなと思ったら、人混みの河原からすぐのところなのですね。
以前に父と母が出かけた時に、屋台と提灯と人で溢れていて興ざめしたと言っていたので、河津桜は敬遠していたのですが、こんなところもあるのですね。
桜の風景はこのくらい長閑ででないとね・・・・tullyz1さんはご夫婦で堪能されて良かったですね。
Commented by tullyz1 at 2019-03-23 00:36
>izumi-suzukiさん
今回は初めての河津桜でしたが、誰もいなくて驚きです。
前日の激混みの河津桜は一体何だったのかという感じです。
まあそれを体験したからここの有難味が分かるのですが。
車があればすぐに行ける場所でしょう。そちらからなら近いでしょうから来年は是非^^
こんな長閑で豪華な桜はもう見ることがないかもしれませんね。
松本ですらもう少し人が溢れていますから^^
Commented by voyagers-x at 2019-03-23 11:42
おはようございます ! !
特等席ですね
でもベンチのそばを人が通ると.......
なんとなくひっそりと静かに人気のいないところで楽しみたいですけど^^;
風が吹くとこの辺はすごくドラマチックな桜吹雪になりそうですね
最近、矢沢永吉が神泡のビールのCMしていますね
ビールの好きな人はやっぱり泡にこだわるのでしょうね^^;

Commented by tullyz1 at 2019-03-23 13:31
>voyagers-xさん
これだけの桜が咲いているのに人が誰もいないって凄いですよね^^
今、桜を見ないでいつ見るんでしょう^^
ベンチに座って桜を楽しんでくださいということでしょうね。
桜吹雪もきっと見事でしょうね、人はいないけど^^
そうそう、その神泡サーバーです。
家飲みではどうしても泡がすぐ消えてしまいますが
この機械があるときめ細かな泡が簡単に作れます。
原理的には超音波振動子がビールの炭酸を発泡させるだけですが
かなりいいです。お店で飲む感じに仕上がっています。
Commented by Neoribates at 2019-03-24 03:17
2019年度版はビールがサーバーを通らずに直接グラスを振動させるので買おうと思ったら,ビールと抱き合わせだったので,そのうち単独でも入手できるだろうとパス.
以前のバージョンの方がサーバー内にビールを引き入れて振動させるので当たり外れがなさそうですね.
Commented by tullyz1 at 2019-03-24 10:56
>Neoribatesさん
ビールがサーバーを通らないので衛生的です。ヤフオクなんかにも結構出てますね。
確実性から行くと以前のバージョンなのでしょうが、缶をしっかり支えなければ
大丈夫みたいです。きれいな泡がいっぱいで結構楽しいです^^
Commented by swingphoto at 2019-03-25 18:08
私も例のサーバー手に入れましたが
全く効果なし壊れてるのかと
思ってましたが、、、
Commented by tullyz1 at 2019-03-25 19:04
>swingphotoさん
私も最初、そう思いました。
ちょっとした接触具合なんですよね。
音も何もしないので壊れているのかと思いましたが、そうではないようです。
試行錯誤させてたくさん飲ませる作戦かと^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 伊豆の旅(20) 伊豆の旅(18) >>