四月・京都(21)

日本最大の禅寺・妙心寺も広大な敷地を持っている。
他の地域であれば町と呼ばれる規模だ。
ナントカ院というものが何十と並ぶ。
通学路として使う小学生やJKがいたり、
運動着でランニングをする高校球児がいたり、
地元の暮らしと一体化している。



d0108132_09133367.jpg





d0108132_09133823.jpg



------------

















.





[PR]

by tullyz1 | 2018-05-21 16:25 | Comments(4)

Commented by roxanne6 at 2018-05-21 16:29
JKに会えたのですね、何よりです^^
Commented by tullyz1 at 2018-05-21 18:01
>roxanne6さん
JKには会えたのですが、細い参道ゆえ、撮影には至りませんでした。
Commented by voyagers-x at 2018-05-22 11:01
おはようございます ! !
素敵なお寺ですね
かなりの敷地がありそうですね......ネットで調べてみました
日常生活に密着した感じですね
いつも生活の中に入り込んでるとあまり意識しないでしょうか
JKとすれ違う日常の生活空間にある妙心寺........あー、素晴らしい
Commented by tullyz1 at 2018-05-22 17:52
>voyagers-xさん
山門を入るまでは普通でしたが、その先には町が広がっていて
終わりがわかりませんでした^^ 
境内の中に町があるのか、町が境内になったのか。
京都のお寺の広さは常識を超えています。
明治の廃仏毀釈であちこちの寺では領地を接収されたようですが
それでもまだ広大です。
小学生やJKが毎日境内を通って通学する日常は驚きです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 四月・京都(22) 四月・京都(20) >>