人気ブログランキング |

ラ・コリーナ(4)

ギフトショップもできていた。





d0108132_16000791.jpg





d0108132_16001718.jpg




d0108132_16002567.jpg
きれいなオネーサンもダブルデッカーの前でポーズ。







d0108132_16003178.jpg
この98番バスはロンドンの北部からオックスフォード・ストリートに行くときに使っていたもの。
大英博物館にはこのバスが便利。
経路はWillesden Lane, Kilburn, Maida Vale, Edgware Rd, Marble Arch, Oxford Circus





d0108132_16083194.jpg
このバスは信号待ちのときに後ろのステップから乗り降りできて都合がよかった^^



近江八幡 ラ・コリーナ
--------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 1093回転(0.5km)
















.


by tullyz1 | 2017-12-04 17:10 | Comments(4)

Commented by Desire at 2017-12-04 23:08 x
駐英の時代の思いででしょうね
こういった懐かしさって、直に体験した方にはそれはグッとくるものだと勝手に思いました
私でも懐かしく思うものが沢山あるので
海外の、しかもいつもお世話になったこのダブルデッカーなどは感慨深いでしょうね~(^ ^)
Commented by tullyz1 at 2017-12-04 23:57
>Desireさん
98番のバスを見つけた時は驚きました^^ 
当時いた人にしか理解できない懐かしさですけどね^^
このタイプは車掌が必要なので途中から無くなり、
ワンマンの、普通のドアで昇降するタイプになりました。
危なすぎるので当たり前ですけど^^
Commented by voyagers-x at 2017-12-05 11:40
おはようございます ! !
すごく味わいのあるバスですね
バスのボディーのメッキが剥げている?
いやわざとでしょうけど
味わいがありますね
素敵なディスプレーになっていますね
Commented by tullyz1 at 2017-12-05 18:01
>voyagers-xさん
そうなんですよ。どうして中途半端に塗装をはがしたかなと。
錆て汚かったから仕方なくとか・・・。
この頃のダブルデッカーは形が個性的でよかったです。
信号待ちのバスに飛び乗って、車掌から切符を買って
そのまま2階に上がったりとか。
今考えるとおしゃれです。
今はいろんなものが画一的ですが、その分安くできるのかもしれません。
個性を求めるにはお金の豊かさも必要ですね。
イギリスもお金が無くなってしまったのでしょうね。
名前
URL
削除用パスワード

<< ラ・コリーナ(5) ラ・コリーナ(3) >>