人気ブログランキング |

代官山(6)

代官山通りを駅に向かう。




d0108132_20461212.jpg




d0108132_20462926.jpg




d0108132_20463695.jpg

-----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 2478回転(1.1km)





横浜のエムユーケイ カメラサービスというところから
6bit対応MLアダプターを買ってみた。中華の28/90mmのもの。2500円也。
タンバールに付けるのが目的。
前回、ebayで買ったモノは2個ともダメで返品したのだが、
今回のはちゃんと認識した。マウント部は精度が高すぎて遊びがないが
まあそれほど頻繁に付け替えするものでもないのでよしとしよう。






.

by tullyz1 | 2017-10-24 17:46 | Comments(8)

Commented by jimmyny at 2017-10-24 22:08
ちょっと暫くご無沙汰でした。
ここ数日の写真を拝見するとM9で撮影したような色調に似ていると思うのですが、如何でしょう。
いずれにしても代官山どこを撮られてもいいですね。
6ビットマウントアダプターの情報興味ありです。私もThambarに付けるアダプターを購入してみ
ようかと思います。マウント部のアダプターに遊びが無いとのご指摘はボディーへの付け外しが
かなりキツイとのことでしょうか。最近はM9に付けっぱなしなので、私も問題ないのですが。
Commented by roxanne6 at 2017-10-24 22:14
復刻タンバールもでるようですが、きっとヘクトール7.3ナンカは出さないでしょうね
Commented by tullyz1 at 2017-10-24 23:38
>jimmynyさん
かなり青みが強いとM9っぽいと感じますが、
この程度だと私の駄眼ではどれも同じに思えます^^;
RAW現像している時点で、私好みの色に変わってしまっています。
代官山はどこを撮ってもいいです。やっぱり被写体は大切です。
このアダプター、ボディーへの付け外しがキツイというほどではないですが、
斜めの状態でレンズを入れようとするとひっかりますね。まっすぐ入れないとだめです。
どこかがぶつかっているとかいうわけではありません。
本当にいいものを求めるならレイクオールでしょうが、これが4つも買えますから。
Commented by tullyz1 at 2017-10-24 23:39
>roxanne6さん
やはり中古が高値で取引されているレンズでないとダメでしょうね。
ズマロン35mmF3.5とかも作ってくれないのでしょう。
Commented by un giorno at 2017-10-24 23:51 x
水色の円柱の繊細な明暗が美しいです。
透明感溢れるお写真ですね〜。
Commented by tullyz1 at 2017-10-25 11:03
>un giornoさん
そこ、ですか^^ マニアックですね^^ でも、ありがとうございます。
目に留まった素敵なシーンを撮ってみただけですが
やはり都会はいろいろおシャレです。
Commented by voyagers-x at 2017-10-25 11:44

おはようございます ! !
ボケのある写真はやっぱり奥行き感が出てきて素敵な雰囲気になりますね
温かみのある色調が見ていてホッとした気持ちになります

今日の僕の記事である方とトリミングが邪道だという議論になりましたが
僕は今のカメラの写真は厳密にいえばほとんどすべてが邪道だと思っています.......この邪道という言葉は本当に何もしないJPEGやフィルム写真と比べればの話ですが。本心は邪道では思っていませんが。 ^^;
でも写真はその人の表現や感性でいろいろなレタッチでアウトプットしたものを素直な気持ちで楽しめばいいと思うので、僕はトリミングやRAW現像など、邪道とは考えません。
僕も好きでモノクロばかりを撮っていますが、時々はRAWで自分のイメージした写真を楽しみたいなと思うことがあります。

日頃、いろいろな事で相談にのっていただき、また親密にさせていただいてるtullyz1さんはRAWも利用されてるので、誤解があっては思い、念のために......この様なコメントになってしまいました。

Commented by tullyz1 at 2017-10-25 13:03
>voyagers-xさん
ブログのサイズですとわかりにくいですが
ボケとシャープなところのコントラストがさすがなレンズです。
色調も新しいレンズだけのことはありますね。渋さはないですが
被写体が代官山ならこれでいいかなと。

フィルム時代は基本的にメーカーの絵作りに依存していて
自家現像でもしない限りユーザーが制御できる要素がほとんどなかったわけです。
メーカーの絵作りが正しいと信じるしか無かったわけです。
でもメーカーも神様ではないので、製造ロットや処理ロットごとにバラつくのですよね。
Mライカも機種ごとに絵作りがすべて違いますし、フィルムに至っては
すべてがアナログなので変動要素が多すぎて絵作りを管理しきれないように思います。
父もプリントさせるときには色に関して細かく注文を付けて何度もやり直させていました。
トリミングについては、視野率100%のデジイチならともかく、
視野率85%程度のレンジファインダーで撮影者の意図を反映させるためには
トリミングが必須です。トリミングしないということは、撮影者に意図が
無いということになってしまいます^^
ということで、撮影者の意図をアウトプットであるプリントに反映させるためには
RAW現像やトリミングがどうしても必要になりますね。
カメラ任せ、メーカー任せではいくらオリジナルであっても自分の写真では
無いような気がします。
デジタル時代になって自分がこうありたいと思う写真が自由に作れるようになったことが
これほどまでに写真に囚われてしまった要因なのだろうと思います。
名前
URL
削除用パスワード

<< 代官山(7) 代官山(5) >>