人気ブログランキング |

戸隠(4)

カメラを替えても似たような写真が続きます。
だって池しかないのですから^^




d0108132_18534443.jpg






d0108132_18535159.jpg






d0108132_18535746.jpg




鏡池
------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 3628回転(1.7km)



M262のピント位置をノクチに合わせて調整した。
f1.4で1mの位置あたりでピントが合うようにした。
M8やM9では工場出荷時でも微妙なピントずれがあったが
M262は最初からズミルックス50mm ASPHでぴったりピントが来ていた。
しかしその状態でオールドレンズを使うとほとんどが数センチくらい後ピンになってしまう。
暗いレンズや広角ならいいが、被写界深度の浅いズミルックスやノクチだとそのずれは致命的だ。
そのため、これまではM9をオールドレンズに合わせて調整し
M262は非球面レンズで使うようにしていた。
M10が来た今、M262もオールドレンズに合わせておくことにした。
M10なら必要とあればLive Viewでもピントを合わせられるからだ。
これでノクチをM262とM10で比較できるようになった。



.

by tullyz1 | 2017-06-01 16:54 | Comments(10)

Commented by minton at 2017-06-01 20:25 x
風があって残念でしたね。
調整というのはご自分でできるものなのですか?
Commented by tullyz1 at 2017-06-01 20:39
>mintonさん
それでも30分くらいは居ました。せめて木々の緑に日が当たってほしかったので。
ピントを合わせたいレンズをカメラと一緒に持って行けばライカでもやってもらえますが、
百均で小さな六角レンチを買ってくれば誰でもできます。
例えばこちらが参考になります。
http://anotherm8.exblog.jp/6970529/
Commented by jimmyny at 2017-06-01 22:07
雪を冠した後ろの山の気高さが我が地とは全く違いますね。良いですね。
それに最初のショットの水面と奥の色づいた林が美しいですね。
このような風景とそれを上手く切り撮られるtullyz1さんが羨ましいです。
そうそう、M-10到着したのですね。新しいカメラでのショットも期待してます。
Commented by tullyz1 at 2017-06-01 23:08
>jimmynyさん
山だけではなくて、途中の道沿いの日陰にもまだ雪が残っていました。
それほど標高が高いところでもないのにいったいいつまで
雪が残っているのかと驚きました。
今日のは非球面ズミで切り取ってみたものですが
水面の立体感がいい感じになりました^^ まあ、たまたまです。
褒められると恥ずかしいです^^
M10、少し触ってはみていますが、AWBあたりの仕上がりが
まだいまいちなのですね。ファームアップを待つしかなさそうです。
基本的にはこれまでのMと大きくは変わらないので、
まずはいろいろ試写してみたいです。
Commented by Neoribates at 2017-06-01 23:27
ライブビュー,けっこう使ってます.拡大ピント合わせができるので便利.
ほんとはファインダー内に拡大ピント合わせができるようになればいいのに(o´_`)ノ マアマア
たしか,そんなOVFとLVFをファインダー内で重ね合わせることができる特許をライカは持っているかと記憶してます.それを発展させればできそうですが.
Commented by tullyz1 at 2017-06-01 23:39
>Neoribatesさん
私は近視眼鏡をかけているのですが、ライブビューは眼鏡を外さないとよく見えないので
いまいち使いにくいです。やっぱりレンジファインダーはOVFで二重像を確認するだけで撮りたいです。
また突然拡大されるとどこを拡大したのか一瞬わからなくなるので微妙ですね。
M262はLVがなかったのでお初なのですが、慣れれば使いやすくなるものなのでしょうかね。
Commented by sacra fragola at 2017-06-02 06:52 x
おはようございます。
暑い季節には、こういう涼しげな場所が恋しくなります。
カメラによるレンズの使い分けが出来ると良いですね。
重量バランスから判断すると、やはりノクチの様なレンズはTyp262と言う事になるのでしょうね。
見た目は分かりませんが、typ262位のボディの厚みがあった方が写真は撮りやすい気がします。
形状だけスリムで重量があると余計に重さが集中してしまうのでしょうね。
ところで、やっぱり山は良いですね~、特にこれからの季節は。
Commented by tullyz1 at 2017-06-02 10:19
>sacra-fragolaさん
戸隠は5月中旬でも道路沿いに雪があって驚きました。
オールドレンズはピント位置がいい加減なものが多くて
フィルムの時代はおおらかだったのだなと思います。
モニターの画面いっぱいに拡大とか大判プリントとかも
ほとんどしない時代でしたから当然なのでしょうが。
最近はM9にズマロンを付けて出かけることが多いのですが
コンパクトで気軽に撮影できていいです^^
リクエストにお応えすべく、ノクチをいろんなカメラに
着けてみましたが、M10ともなるとかなりの重さを感じます。
一枚の革のストラップでは切れるのではないかと心配になります。
登山とかはしませんが、信州の山は見ているだけでも
きれいでいいですね。
Commented by voyagers-x at 2017-06-02 10:48
おはようございます!!
このような風景を気軽に見たいと思ってもなかなか見ることが出来ないですね
M10はライブビューが付いてるのですね
便利な機能なのでしょうか
ライブビューで見ると出来上がりを想像しやすい撮影が現場で可能ですね

全然関係ないことですけど、最近再びMacデフォルトの日本語変換システムからATOKに変更して使っています
変換精度がやっぱりATOKの方が気の利いた変換をしてくれるようです
tullyz1さんはWinのデフォルトの日本語変換システムでしたっけ?
それともGoogle?

Commented by tullyz1 at 2017-06-02 11:34
>voyagers-xさん
池があって山があるくらいならいくつかあるような気はしますが
信州だからなのかもしれません。
M240で気になっていたのはライブビューで
ピントが合っている場所が赤で示される機能です。
富士フィルムのカメラには付いていましたね。
距離計が使えないレンズとかでは便利です。
オールドレンズはピントが合わないことが多いので
LVで使えなくもないですが、レンジファインダーは
やはり二重像で見て素早くシャッターを切りたいところです。
レンジファインダーでは接写ができませんでしたが
LVがあれば可能になります。でも、やらないかな^^
近眼で老眼なので、LVで見るときは眼鏡を外して、
ファインダーをのぞくときには眼鏡を付けてと、
私にとっては結構面倒です。眼鏡を落としそうです^^
ボケとかもある程度確認できますね。
でもそれを求めるならミラーレスを買った方がいいかも。
日本語入力はディフォルトのままです。
どれを選んで一長一短あるので。
名前
URL
削除用パスワード

<< Leica M10試写 戸隠(3) >>