人気ブログランキング |

京都・奈良 冬の旅(45)





d0108132_23211161.jpg






d0108132_23211760.jpg






d0108132_23212346.jpg


ささやきの小道
-----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 2784回転(1.3km)



我が家のソーラー発電の4年目がそろそろ終わる。
年間の売電は毎年6000kWhを越えていて
売電の金額だけで7.0年で元が取れる計算だ。






.

by tullyz1 | 2017-05-21 17:22 | Comments(8)

Commented at 2017-05-21 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by voyagers-x at 2017-05-22 10:15
おはようございます ! !

ヴィヴィアン・マイヤー、すごいですね
今の時代はデジタルなので、自分が死んでから同じような事が起こるなんてあり得ないでしょうね
フィルムだからありうる事なのかな
だけど現像しないで撮るだけとか、ネガにしてもプリントしないとか
本当に撮るだけ、それだけで楽しく感じれるものでしょうか
やっぱりどういう風に撮れてるのか見たいですよね ^^;

昨日間違って今日月曜日に公開するはずの写真を投稿して公開してしまいました
今日改めて月曜日の写真として投稿しました ^^;

今週もまたよろしくお願いいたします

Commented by un giorno at 2017-05-22 15:17 x
二枚目、マイヤーさんでもライターさんでもなく、ワイフェンバックさん風ですー
クレマチスの丘の美術館に一緒に並んでいても遜色ないです^_^
ささやきの小径だなんて素敵なネーミングですね。
ところでソーラー発電って元が取れるのですか!
管理が難しくはないのですが?
Commented by tullyz1 at 2017-05-22 18:23
>鍵コメさん
お返事はブログの方に書き込んでおきますね。
Commented by tullyz1 at 2017-05-22 18:23
>voyagers-xさん
ヴィヴィアン・マイヤー、興味深いです。
若干、変わり者だったようで、今風に言えば高次機能障害です。
写真は大好きだけれど、多少変な写真も撮るので
他人には見られたくなかったのでしょうね。
キモイとかいろいろ言われたこともあるのかもしれません。
コミュニケーション障がいもあるので、写真屋も含めて他人に自分のことを知られるのが
嫌だったのでしょう。
現像・焼き付けも安くなかったはずで、ベビーシッターの給料では
厳しかったのかも。
普通に考えたらプリントしないと写真として完結しないのですが、
空シャッターではダメなので、ギリギリの最低線としてフィルムは入れて撮る
ということだったのかも。
いろんなことが考えられて、興味は尽きません。
フィルムをオークションで買った人も同じようにハマっていったのでしょうね。

日曜日に投稿?って不思議に思いましたが、そういうことでしたか。
私もたまにやります。非公開で更新しただけなのに、公開されていたりとか。
Commented by tullyz1 at 2017-05-22 18:23
>un giornoさん
ワイフェンバック、調べました^^ よくご存知ですねぇ。
確かに^^ 撮る被写体でも写真のスタイルって作れるのですね。
ソール・ライターも調べました^^
被写体の時代もあるのでしょうが、とてもいいですね。
なんか絵画的です。NYというのも絵になる要素ですね。
美術館にワイフェンバックがあるのですね。
それは是非見てこなくてはいけません。
どこからどこまでが「ささやきの小径」なのかわからないのですが
ほとんど人もいないのでなんとなくわかるような気もします。

今はもうだめですが、私が導入したころまでは電気の買取り価格が
高かったので、10年で43%の投資として成り立ちました。
しかも家の電気代も半分以下に。
10年目以降は買取り価格が下がりますが、機材は減価償却しているので
丸儲けです。家のローンの多くをソーラー発電で返済している人も
何人かいます。たまには掃除とかしないといけないのかと思っていましたが
4年程度では掃除は要らないみたいですね。
雨や雪できれいになっているみたいです。
Commented at 2017-05-22 20:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tullyz1 at 2017-05-22 23:02
>鍵コメさん
お返事はブログの方に書き込んでおきますね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都・奈良 冬の旅(46) 京都・奈良 冬の旅(44) >>