人気ブログランキング |

京都・奈良 冬の旅(34)

東大寺 二月堂のお水取り。
1400年も続く火を使った行事だ。なかなかの迫力。
巨大な松明を持った童子たちが二月堂を駆け抜ける。
この日は10本くらい行われた。
二月堂の下に陣取っている人たちの上に火の粉が降りかかる。



d0108132_0285557.jpg






d0108132_029110.jpg





d0108132_029791.jpg





d0108132_0291370.jpg





d0108132_0293165.jpg





d0108132_0293717.jpg





d0108132_0294252.jpg





d0108132_0294713.jpg





d0108132_0295481.jpg



東大寺 二月堂 お水取り
----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 3645回転(1.7km)







.

by tullyz1 | 2017-05-10 17:32 | Comments(8)

Commented by minton at 2017-05-10 19:51 x
これは大迫力です。説明がなければ火事かと思います。
Commented by jimmyny at 2017-05-10 21:25
こうして拝見するとやっぱり迫力がありますね。最後のショットはお松明の行事の後、早くに舞台に登って撮られたのですね。いや、見慣れた私も感動モノのショットです。
ところで、この時期まだ寒いので多くの方々はダウンジャケット、コートを着られているのですが、最前列でご覧の方々は飛びかかる火の粉で穴があいてしまうことが多々あるようです。
Commented by un giorno at 2017-05-10 21:44 x
ダイナミックですねえ!
tullyz さんは何度も訪れていらしゃるのですか?
初めてではこんな凄いショットは撮れないでしょう?
Commented by tullyz1 at 2017-05-10 23:15
>mintonさん
一歩間違えれば国宝が火事になります^^
Commented by tullyz1 at 2017-05-10 23:20
>jimmynyさん
お待たせしました。ようやくお水取りの写真にたどり着きました^^
見ていたところが結構上の方だったので、終了後、ちょっと待たされて
すぐに二月堂に上がれました。後ろにこんなにいたのかと驚きました。
でも前日はこんなものではなかったと係りの人が言ってました。
火の粉を被るために真下に陣取っている人も多いのでしょうね。
それなりの服装で来ているとは思いますが、キャーキャー騒いでいる
女子もいましたね。
Commented by tullyz1 at 2017-05-10 23:24
>un giornoさん
初めてです。信州から奈良までそうしょっちゅう行けませんから^^
松明がないと真っ暗で、しかも三脚は使えないので手持ちです。
この日は10本の松明が走ったので、シャッターチャンスも
何回かあるというものです^^
Commented by roxanne6 at 2017-05-11 06:18
すごい火の粉の迫力です、これを浴びると穴はあくでしょうね
とにかくすごいの一言
Commented by tullyz1 at 2017-05-11 18:40
>roxanne6さん
なかなか見ごたえがありました。1時間待った甲斐がありました。
走った最後に松明を振り払って火の粉を落とすのが凄いですね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都・奈良 冬の旅(35) 京都・奈良 冬の旅(33) >>