人気ブログランキング |

クラフトフェア松本2016(29)




d0108132_0423075.jpg





d0108132_0423553.jpg





d0108132_0424091.jpg





d0108132_042458.jpg



----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 3484回転(1.6km)


雑誌の付録にアンプ基板などが付いていることがある。
機能的にはむき出しでも十分なのだが、
長く使うためにはちゃんとしたケースに入れたくなる。
しかし、ちょうどいいサイズのケースはなかなか無い。
今どきだと3Dプリンターで作るという選択肢もあるが
やや高く、美しさもいまいち。
安くてきれいということになるとやはりアクリル板を
加工するのが現実的ということで、現在試作している。
直角に切れないとか、切り口がきたないとか
木工と同じ課題がここでも出てくる。
レーザー加工機を買うのもやり過ぎな感じがするので
百均の素材を使って工作機械?を作るしかないかな。





.

by tullyz1 | 2016-07-12 17:43 | Comments(8)

Commented by roxanne6 at 2016-07-12 18:18
今度はアクリル工作なんですね、中身は何を入れるのでしょうか?
ラズパイもハイレゾ基板が出てきているようですね
Commented by tullyz1 at 2016-07-12 18:35
>roxanne6さん
中に入れる予定なのはStereo誌のUSBノイズフィルターです。
裸のままで全然問題ないのですが^^
ハイレゾ基板は何種類もあります。DACチップも様々。
うちのは5102ですが、友人はESSの9023です。
I2S接続なのでノイズが乗らないのだとか。
駄耳にはわかりません^^;
Commented by Neoribates at 2016-07-13 01:47
あのノイズフィルターは,雲丹の入っていたタッパに穴を開けて入れまつた┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
LEDが眩しすぎまつ.
Commented by voyagers-x at 2016-07-13 09:45
おはようございます ! !
以前、DACアンプでしたけ?
付録で付いていたアンプ
結局はタッパーに入れて使っていました
あれ専用のケースが販売されていたようですけど、すでに終了していました
しっかりしたケースに入れると高級感が出るのですけど、タッパーではちょっと雰囲気でませんね ^^;
でのようなアクリル板製のケースができるのでしょうね
楽しみです

Commented by izumi-suzuki at 2016-07-13 13:02
1枚目の狐さんに、ちょっと一目惚れかも・・・・・(笑)
3枚目の天球儀みたいのも興味あるし・・・最後の動くスキーヤーの木工とかは、衝動買いのパターンです。(-_-;)
私は、絶対にクラフトフェアには行かないほうがいいみたい。
Commented by tullyz1 at 2016-07-13 18:25
>Neoribatesさん
何かいいケースは無いかといろいろ探したのですが、
どうも見つからず、作った方が早いかなということになりました。
コネクターの穴の位置は基板を取り付けないと決まらず、
そのためにはスペーサーを調達しないといけないので
作業の続きは週末になりそうです。
LEDには白いテプラを貼ってます。
Commented by tullyz1 at 2016-07-13 18:25
>voyagers-xさん
DACアンプみたいなある程度の大きさがあれば
まだ選択肢はあるのですが、5x6cmというサイズで
両側にコネクターがあると、なかなかおあつらえ向きな
ケースはありません。
ケース付きで売っているならそれを買っちゃった方が
絶対安いのですが、DACアンプもそうでしたが
他に選択肢がないところを狙って付録を企画してくるんですよね^^
敵もなかなかやります^^
スーパーツイーターもそうでした。
用意されているケースも付録本体より高いですし。
スーパーツイーターの箱はペアで2万円とかしてました。
だいぶ悩みましたが、5千円の付録に2万円の箱は無いでしょう
ということで、箱を作ることに^^
Commented by tullyz1 at 2016-07-13 18:46
>izumi-suzukiさん
1枚目みたいなのが危ないです^^ 器とか木工だと似たようなのがあるからと
自分を納得させられるのですが、この手は似たものがある訳もなく。
でもたぶん値段が折り合わないでしょう^^
スキーヤーは買わないでしょうが、天球儀みたいなのはガラスの中にも宇宙がありました。
気に入ったものは一通り撮影しているのですが、本当はじっくり鑑賞してあげたいです。
写真と実物ではだいぶ違います。ぜひ、一度、どうぞ^^ 来年も5月末の週末です。
名前
URL
削除用パスワード

<< クラフトフェア松本2016(30) クラフトフェア松本2016(28) >>