京都2016(28)





d0108132_2265650.jpg






d0108132_227121.jpg







d0108132_2271261.jpg

火の用心 お囃子組




d0108132_2274872.jpg


東山花灯路


-------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 1655回転(0.8km)




スピーカーの箱のオイル塗装がある程度乾いたので
ユニットを組み込んだ。あとは使いながら乾燥させる。
音自体は試作品と変わりない。
オイル塗装で手触りはなめらかになったが、ステインの色は
沈んでしまい、赤っぽさが無くなってしまった。
安い木だから仕方ないか。
ハイパス・コンデンサーはデイトンの0.68μFで決まり。
2セット目の分も取り寄せ中。
Tangbangのフルレンジと響きあって小型スピーカーとは
思えない見事な鳴りっぷり。特にバイオリンが凄い。
たかが雑誌の付録のスーパーツイーターだが
ここまで音が変わることに驚く。








.
[PR]

by tullyz1 | 2016-04-26 17:08 | Comments(8)

Commented by arak_okano at 2016-04-26 18:52
東山の花灯籠、綺麗ですね、何時かは行けるかな、それに、スピーカーの工夫にもバグースです。大昔に、フォルテックスのバックロードホーンを組み立てていました、死にそうに重かったです。
Commented by roxanne6 at 2016-04-26 20:39
着物のおねーさんが良い感じです!
この付録ツィーター、良いですよね、いただいたエンクロージャーがまた良いですよね
感謝
Commented by tullyz1 at 2016-04-27 00:38
>arak_okanoさん
さすが京都だけあって規模が大きかったです。
スピーカーボックスを作るために久々に木工をやりました。
1辺7㎝の立方体ですが、小さいので逆に加工が大変でした。
Commented by tullyz1 at 2016-04-27 00:45
>roxanne6さん
着物のオネーサン、どんどん近づいてきてしまうので
ピンボケです。まあ、それも悪くないですが。
roxanne6さんのところに行ったのはオイルステインまでのもので
量産版で初めてオイルフィニッシュまでやりました。
この木だとステインでやめておいた方がよかったのかもしれません。
もう一度作りたい気もしますが、何度やってもパーフェクトには
なりそうもないので、この辺で手を打とうかと。
庭で電動工具を動かすのもなかなか近所迷惑なので^^;
Commented by Scottts at 2016-04-27 07:51
昔の屋敷町風の石畳を着物姿で歩いてくる風情が、京都の感じですごくいいですね。
tullyz1さんはモノにこりますねえ。なんでも自分で作ってみようっていうのがすばらしい。
Commented by voyagers-x at 2016-04-27 09:16

おはようございます!!
暗闇の中、微かな明かりに浮かび上がる美女二人......
夜で急いで撮影したので少しピン甘?
それともプライバシー考え......
向こうに見える五重塔が素敵ですね
やっぱり光は大切です
写真での光って、いくらでもアプリで明るくするのは簡単なので
暗めの方が撮りやすかったりして^_^;

Commented by tullyz1 at 2016-04-27 18:22
>scotttsさん
こういう風情は京都でないと撮れませんね。
周りにいるカメラマンが気になりますが、
皆さん撮りたいでしょうから仕方ないです^^
何かを見ると自分でもできるんじゃないかと
錯覚することが多いです^^
多少は器用なのでそこそこはできるのですが
熱しやすく冷めやすい性分なので
その道を究めることはありません^^;
でも、いろんなことに手を出してみると
その難しさも理解でき、プロへの尊敬の念が高まります。
Commented by tullyz1 at 2016-04-27 18:22
>voyagers-xさん
突然すたすた坂道をこちらに向かって歩いてきたので
あわててカメラを構えましたが、
オネーサンたちの動きに追従できませんでした。
こういう時だけはデジイチがうらやましいです。
でもきっと設定を切り替えてなんてやっていると
何も撮れずに終わるパターンでしょうが^^
八坂の塔ですね。ライトアップされていてきれいでした。
カメラマンはみんなこれを狙っているようでしたね。
手持ちカメラでオネーサンを狙っているなんて人は
あまりいません^^
写真の仕上げは後で何とかなりますが、暗いので
そもそも迫ってくる被写体に目視でピントが
合わせられないのですよね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都2016(29) 京都2016(27) >>