四国の旅 part2(7)

四国霊場第86番のお寺。
どのお寺も京都のような凄い規模を持っているわけではないし
同じ宗派というわけでもないのに、それらを88個束ねて、
コンプリートさせることを発案した弘法大師空海のマーケティング力は
素晴らしいものがある。



d0108132_0103627.jpg






d0108132_0104175.jpg






d0108132_0104536.jpg






d0108132_0104966.jpg




-----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 25,467回転(11.6km)


金曜日は職場の忘年会だった。
いつもみんなの様子をR-D1で撮っているのだが
最近はGRも参戦。
週末撮った写真を見比べてみると、どちらも同じAPS-Cでありながら
画の深み、味わいがまるで違う。
R-D1は球面ズミを付けているのだが、解像度はGRの方がはるかに上だし、
ISO感度もGRにアドバンテージがあるのだが
全然勝負にならない。
記録としてはGRの方がいいが、ポートレートとしてはダメダメ。
やはりR-D1と球面ズミのコンビは不滅です。
[PR]

by tullyz1 | 2015-12-07 17:11 | Comments(10)

Commented by micro43 at 2015-12-07 20:24
志度寺ですか香川高松といえばやはり「うどん」百十四銀行の人と仲よくなりましたが
喫茶店でもうどんを出してコーヒーの代りに食べていたようです。
Commented by roxanne6 at 2015-12-07 21:00
志度寺ですね、屋島まで来ると四国村というところがなかなか良いようです
Commented by tullyz1 at 2015-12-07 21:00
>micro43さん
志度寺です^^ うどん屋はどこに行ってもありますね。
街を歩きましたがパン屋はないのに、うどん屋はあります^^
Commented by tullyz1 at 2015-12-07 21:05
>roxanne6さん
ここは五重塔もあって大きいですね。
でもなんか荒廃している感じでした。
ここの後、庵治に向かいました。
Commented at 2015-12-07 22:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Desire at 2015-12-07 22:31 x
RD-1はいい画を吐き出すようですね
私は今更欲しくないですが、シャッターを自分で巻き上げたりギミック的には好きでした
ただし、やはり本家を持つといらないかと
あ、Typ262は12/12のようですね
買ってください
レビューお待ちしております!
私の母が数年前に四国88箇所巡りをした話をしてくれました
兄妹3人でいったでいい思い出だったようです
Commented by tullyz1 at 2015-12-08 00:19
>鍵コメさん
やっぱりこれがレンズの違いかなと思ったのですが。
届きましたか^^ 別途メールしますね。
Commented by tullyz1 at 2015-12-08 00:55
>Desireさん
R-D1は600万画素という時代遅れな代物ですが、画素が大きいため
階調が豊かですし、なによりも球面ズミの存在が圧倒的なのだと思います。
GRも条件さえ良ければAPS-Cらしい立派な画を作りますが、暗いレストランでは
ここまで違うかというほどの差でした。
本家は本家の良さがありますが、scotttsさんの
http://rangefinder.yodobashi.com/liveleica/20151120.html
などを見るにつけ、R-D1はまだまだ現役だと感じるわけです。
12/12ですか。ありがとうございます。
でも初期ロットは避けて2月くらいになるかもです。
メーカーの人間なので・・・^^;
お母様、お遍路をされたのですか。健脚ですね。
私なんか絶対無理です^^;
兄妹でのんびり行ったら楽しそうですよね^^
Commented by voyagers-x at 2015-12-08 09:18

おはようございます!!
お寺の写真を見てだけで、どこの寺か分かるなんて、皆さんすごいですね

画質が上でも全体的な雰囲気というか写真の出来は画質以外で決まることも多いですね
R-D1本当にいいカメラですね
もっと他のメーカーがその良さを真似して同じようなカメラ出してくれたらいいのに
フジのTX-1とかR-D1のような巻き上げ式チャージにしたら楽しいのに


Commented by tullyz1 at 2015-12-08 19:05
>voyagers-xさん
わたしも驚きました^^ 
五重塔があるところは少ないということなんでしょうね。
でも人もいないし、境内も荒れた感じのお寺だったのですが。

GRは暗いところでも明るく写るし、解像度も上なのですが
しっとり感、立体感という点では全然ダメでした。
明るい場所では結構いい仕事してたんですけどね。
CCDのよさなのか、ライカのレンズだからなのか、
両方かも^^
GRは結構気に入っていたのに、実力の違いを見せつけられて
ショックを受けました。600万画素に負けるとは・・・。
魅力的な写真とは何か、改めて突きつけられた感じです。
巻き上げチャージはモーター音もしないし、電気も食わないので
いいのですが、操作性が悪いと感じる人は多いでしょうね。
通にしかわからない仕様ですから^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 四国の旅 part2(8) 四国の旅 part2(6) >>