人気ブログランキング |

山形の旅(20)

羽黒山を下りて、鶴岡市内に入る。
致道館(ちどうかん)。藩校だ。



d0108132_20473332.jpg





d0108132_20474551.jpg





d0108132_20474955.jpg

当時の生徒?が筆で書いたノートが展示されているが、どれも達筆。
万年筆で書いたとしてもあんなにうまくは書けない。

by tullyz1 | 2015-10-28 17:48 | Comments(4)

Commented by Neoribates at 2015-10-29 10:35
そう,むかしは筆しかなかったらあたりまえといえばあたりまえですが,自分の悪筆と比べるとほんと恥ずかしくなりまする(ー。ー)フゥ
Commented by voyagers-x at 2015-10-29 10:43

おはようございます!!
隙がないくらいビシッと手入れされてる感じですね。
致道館の文字が躍動的な感じ

ボールペンはインクの出が良すぎるので書いてはペン先をティッシュで拭き取りながら使っています
そのため最近はモンブラン万年筆が常用になっていますが
インクが乾きやすいのか、書いてはペンを持ったまま振ってインクの出をよくして使っています
インクの出が良すぎても困りますけど


Commented by tullyz1 at 2015-10-29 18:16
>neoribatesさん
いわゆるノートですから、割と小さな字で書かれていましたが
どうやったら筆でこんな達筆になるのかと驚きました。
みんな似たようなレベルですから、
当時はそれが当たり前だったのでしょうね。
今はパソコンが扱えればいいじゃないかという話でもありますが
達筆は憧れます。
Commented by tullyz1 at 2015-10-29 18:16
>voyagers-xさん
きれいに手入れされていますよね。
昔はあちこちに藩校があったはずなのですが
残っているものは少ないです。

ボテッとなるボールペンはいらいらしますよね。
油性ボールペンではどうしようもないのでしょうが
水性だと割とましかも知れません。
万年筆のインクが使えるボールペンというのも売ってますよね。
カキモリのローラーボールとかエルバンのカートリッジインク用ペンとか。
これだと乾きにくいですし、いろんなインクが使えます。
名前
URL
削除用パスワード

<< 山形の旅(21) 山形の旅(19) >>