人気ブログランキング |

京都散策 (14)

松本なんかではほとんど消え去ってしまったような商店がちゃんと残っている。



d0108132_17594.jpg






d0108132_17986.jpg






d0108132_171399.jpg






d0108132_171711.jpg


出町商店街


-----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 133回転

by tullyz1 | 2015-06-14 13:46 | Comments(12)

Commented by lux164 at 2015-06-14 16:42
京都らしいのかどうかはわかりませんが随分と昭和テーストの濃い商店街ですね。
前エントリーのお手製革ケースのクオリティに感激いたしました。
ブッキーなワタクシには真似できない世界です(笑)
Commented by voyagers-x at 2015-06-14 16:53
こんにちは!!
今日は当番医でした
パラパラ患者さんがやって来るので落ち着いて何も出来ません
取りあえずお返事書きはしました
東京からの郵便ってこんなに時間がかかるのかな
ライから文書はまだ到着しません
Commented by roxanne6 at 2015-06-14 18:34
こういう商店街を残して行かないといけませんよね、なかなか良い雰囲気のおもちゃ屋さんがありますね
Commented by tullyz1 at 2015-06-14 20:10
>lux164さん
昭和がちゃんと残っていられるのは街が大きい証拠です。
スマホケースは一番簡単な部類で、ペンケースはちょっと面倒です。
http://tullyz.exblog.jp/21006841/
Commented by tullyz1 at 2015-06-14 20:13
>voyagers-xさん
そうだったのですか。お疲れ様でした。
患者さんにとっては助かりますよね。
ライカ、まだですか。
うーん、やっぱり直接メールを書いて催促した方が
いいのではないでしょうかね。
Commented by tullyz1 at 2015-06-14 20:14
>roxanne6さん
松本にも2-30年前はこういうアーケードやお店があったのですが
今は再開発されて跡形もありません。
こんなおもちゃ屋さんもあったなぁという写真です^^
Commented by Desire at 2015-06-14 21:00 x
こういう商店街私の故郷でもチャンとかつてはありました
今その思い出の場所たちは全て消えてしまいました
頑張って続けている、そしてチャンと需要があるのだという証拠ですね
郊外型大型店に負けないで頑張って欲しいものです
Commented by tullyz1 at 2015-06-14 23:06
>Desireさん
どこも似たようなものなのですね。
需要さえあればおもちゃ屋だっててんぷら屋だって生き残れるのですが
小さい町だと大規模店舗に勝てません。
京都には逆にホームセンターがないですね。
どうやって皆さんその手のものを買っているんでしょうね。
Commented by sacra-fragola at 2015-06-14 23:24
こんばんは。
こういう風情が京都には未だありますね。
新京極の辺りにも少しあったような気がします。
手にとって籠に入れてレジに持っていく・・・そういうことではなく
買う段階で人間と人間のやり取りのある・・・そういう事が大切ではないかと。
Commented by tullyz1 at 2015-06-15 00:41
>sacra-fragolaさん
松本なんかに比べると東京でもまだ残っていますよね。
やっぱり市場が大きいと残れるのですよね。
松本くんだりだとちょっと客が減ると店が維持できなくなりますから。
店と客のやり取りも大切ですが、大多数の客は価格や品揃えで動きますからね。
お菓子屋とかお餅屋とかはまだ個性で生き残れる可能性がありましたが
それでもどんどん消え去っていってます。
Commented by arak_okano at 2015-06-15 17:31
アーケードのある商店街は魅力がありますね、バグースです。アラック、ここの入口はよく通るのですが先を急いでいて入ってないんです。近くに、野呂本店という、美味しい漬け物屋さんがあったと思います。
Commented by tullyz1 at 2015-06-15 18:49
> arak_okanoさん
松本にも昔はこういうアーケード街がありましたが再開発で無くなってしまいました。
ここ、よく御存じなのですね。阿闍梨餅のお店までは行ったのですが^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都散策 (15) 京都散策 (13) >>