人気ブログランキング |

四国の旅(25)~別子銅山

マイントピア別子から細い山道を車で3~40分位登ると
「東洋のマチュピチュ」と言われる東平(とうなる)に着く。
標高750mの山の中にある東平には別子銅山の採鉱本部があった。



d0108132_055713.jpg





d0108132_0551135.jpg





d0108132_0551640.jpg





d0108132_0552013.jpg

旧インクライン。今は220段の階段になっている。



-------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 2,633回転
最近、顔がすっかり白っぽくなってしまった。
歳なのか、冬毛なのか。


最低気温がマイナス10度。うー、寒い。

by tullyz1 | 2015-02-01 10:52 | Comments(12)

Commented at 2015-02-01 11:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minton at 2015-02-01 13:41 x
これはすごい施設ですね。
インクライン、強烈です。
これが動いていた時代にタイムマシーンで行ってみたいです。
Commented by tullyz1 at 2015-02-01 18:37
>鍵コメさん
了解です。ブログにコメント書きます。
Commented by tullyz1 at 2015-02-01 18:41
>mintonさん
巨大なのですが、なかなかいい撮影ポジションが探せず
あちこちをふらふらしてました。
200段の階段になったインクライン、鉱石を積んでこんなところを登って行ったのですよね。
向かいの山を鉄道が走っていたようですが、当時はすごかったのでしょうね。
Commented by micro43 at 2015-02-01 20:14
マイントピア別子までは行きましたがそれより上は行けませんでした。
こんな景色だと知っていたら行っていたと思います。
ホテルでビールが苦いと言い出し交換して貰った事があります。
目が悪くなったまえぶりで、一寸思い出しました。
Commented by roxanne6 at 2015-02-01 21:24
これは是非訪れないといけませんね!
犬島といい、なかなか産業遺産は素晴らしいです
Commented by tullyz1 at 2015-02-01 22:12
>micro43さん
細い山道を登って行きます。車もすれ違えない細さなので
対向車に会うとどちらかが数十メーターバックしないとだめです^^
一日2本のバスもあるので、それで行くのが楽かもしれません。
Commented by tullyz1 at 2015-02-01 22:26
>roxanne6さん
善通寺からなら日帰りできますよね。
是非、行ってみてください。冬は登れないようですが。
結構規模が大きいので楽しめました。
Commented by 1034 at 2015-02-02 00:42 x
こんばんは
凄いですね、ここ
感動的でもあります、ここを目指していったことに驚嘆しますがインクラインも凄い光景ですね~
これは撮り甲斐もありましたね
いやぁ、自分ではなかなか行けないので良いものを魅せていただきました
Commented by voyagers-x at 2015-02-02 12:10

おはようゴザイマス!!
おー!!
素適な光景ですね。
確かに、ここは東洋のマチュピチュですね
うーん、撮影して凄く楽しく感じる事が出来そうなところですね

今日月曜日はexciteブログの管理画面の不具合で12時現在もなお記事を投稿出来ません。
あー午後は外勤です。
月曜日の記事更新が出来ないかもしれません。

Commented by tullyz1 at 2015-02-02 19:33
>1034さん
はじめまして。
細い山道を対向車が来ないことを祈りながら登っていきます^^
廃墟系は何とも言えない魅力がありますね。
久々に少し興奮しながら撮影していました。
インクラインに線路がないのが残念ですが
周りの景色から当時の様子を思い浮かべることはできます。
ここの写真はまだまだ続きますのでお楽しみに。
Commented by tullyz1 at 2015-02-02 19:34
>voyagers-xさん
結構大きな廃墟でした。
大きすぎて構図を考えるのが難しかったです。
レンガや大理石を積んであるところもまた魅力です。
最盛期にはここが終わってしまうなんてことは
考えなかったのでしょうね。

exciteが不調だったのですか。
なかなか更新されなかったので
お忙しいのかなと思っていました。
名前
URL
削除用パスワード

<< 四国の旅(26)~別子銅山 四国の旅(24)~別子銅山 >>