東京物語(1)~カキモリ

JLCの皆さんの写真展が渋谷ルデコで行われた日、私は朝から上京していた。
御徒町の駅の近くでレンタサイクルを借りて、蔵前の周辺を散策した。
4時間まで200円。歩いて周るにはちょっと広すぎる。
東京には住んだことのない私だが、自転車でポタリングしていると
東京の住人になったような気分になる。

まずはどうしても行きたかった蔵前のカキモリに向かう。
オリジナル・ミックスの万年筆インクを売っているところだ。
インクも有名だが、自分だけのオリジナル・ノートを作ることができることでも有名。
革のカバーや様々な紙、留め具などを選んで製本してもらう。
たくさんの人が材料を選んでいた。




d0108132_1436691.jpg





d0108132_22364290.jpg





d0108132_22364778.jpg





d0108132_22365295.jpg


カキモリ
http://www.kakimori.com/

この日買ったインクは、カキモリ・ブレンドのForest、Lake Wood、Ayers Rock、
Private ReserveのSonic Blue、Blue Suedoの5本。
どれもオシャレなカキモリのボトルに入っている。
ForestはDiamineのTealの彩度を上げた感じ、
Sonic BlueはDiamineのMidnightを淡くした感じ、
Lake Woodは「松露」を濃くした感じ、
BlueSuedoは「孔雀」の彩度を上げた感じ、
Ayers RockはW&Nの水彩絵の具のベネチアン・レッドに近い。
とりあえずプレピーを5本買って試験管よろしく入れておいた。



--------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 1452回転
[PR]

by tullyz1 | 2014-12-20 15:38 | Comments(6)

Commented by roxanne6 at 2014-12-20 17:48
おや、素敵な蔵前巡りですね!
こんなことをなさっていたとはおくびにも出さなかった
tullyz1さん!すごい!
Commented by tullyz1 at 2014-12-20 17:55
>roxanne6さん
せっかくの上京なので写真を撮らないといけません。
いや、特に言うほどのことでは・・・^^
東京のお店は写真なんか撮らせてくれないと聞いていたのですが
3軒聞いて2軒はOKでした。
Commented by Desire at 2014-12-21 00:36 x
やはり道具一つに拘る!
ステキです、そのためにここへ行かれるというのがやはり違いますね(^^)
そうそう、お礼を言いそびれていましたのでここで
かつてご相談した万年筆実は結構前に購入して使っています
結局カクノを買ってLammyとPeriKanを購入して3本色を変えて楽しんでいます(^^)
1枚目のオネーサン、やはり東京だからかステキなスタッフに見えますね!
Commented by sacra-fragola at 2014-12-21 01:20
こんばんは。
東京にはこういうお店が沢山ありますね。
私もそういう場所に居ながら・・・ここは知りませんでした。
そう言えば、先日青山でグローエのショールームのオープニング
に出席した時に、少し時間があったので直ぐ近くの、書斎館
http://www.shosaikan.co.jp/index_2.php
に行きました。やはり、美しい筆記具を見ると欲しくなりますね。
あ~そういえば、今年も年賀状の季節ですね。
Commented by tullyz1 at 2014-12-21 09:42
>Desireさん
万年筆はどんどん増えてしまうので集めるのはやめたのですが
インクくらいならいいかと^^ 
でも、そんなンイいろいろ買っても消費しきれません^^
その後、万年筆コレクションが進んでいたのですね^^
ペリカンまで行きましたか。その先に行くときりがありません^^
素敵なオネーサンでした。こんなオネーサンが作ってくれたノートなら大切にしそうです^^
Commented by tullyz1 at 2014-12-21 09:52
>sacra-fragolaさん
東京は人が多いので、需要がありますよね。
松本くんだりではこういう趣味のお店は客が少なすぎて維持できないでしょう。
先日も数少ないちょっと素敵な文房具屋が閉店してしまいました。
田舎は文化的なものからだんだん遠ざかって行きます。
書斎館、知りませんでした。こんな場所、行ったことが無いです。
1週間くらいロングステイして美術館や文房具屋なんかを巡ってみたいです。
色彩雫、ミニボトルが出ていたのですね。15mlで700円かぁ。微妙・・・^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 東京物語(2)~インク・スタンド 秋の軽井沢(16) >>