人気ブログランキング |

安曇野スタイル2013(17)




d0108132_1301165.jpg





d0108132_1301919.jpg





d0108132_1302696.jpg

by tullyz1 | 2014-03-29 16:51 | Comments(12)

Commented by micro43 at 2014-03-29 22:49 x
summilux 50の写り流石です。
こんなレンズの画像見ると欲しくなります。
M9と絶好のコンビでしょうか。
Commented by tullyz1 at 2014-03-29 22:57
>micro43さん
ASPHのようなキレこそありませんが、球面は球面で
優しい描写がいいです。
ライカは魅力のないレンズがほとんどないので、
いいところだけ見ているとすべてのレンズを買わないといけなくなってしまいます^^
Commented by roxanne6 at 2014-03-29 23:28
2枚目の硝子の質感描写などはさすがのズミルックスですね
Commented by izumi-suzuki at 2014-03-30 00:20
美しい硝子の質感にハッと息を飲んでしまいました。
すりガラスの重量感と、透明ガラスの繊細さと、どちらも同じガラスなのにこうして見るとずいぶん違う印象ですね。
こういう描写を見るとつくづくLEICAの素晴らしさを実感します。 でもそれだけではなくて、tullyz1さんの光の捉え方の巧みさも大きな要素ですよね。 二枚目なんて、窓からの柔らかい光がガラスに優しさを与えて、それでこの写真は人を和ませるのだと思います。

安曇野はまだ火鉢なんですね。まだ、春まで間があるのかなぁ・・・
Commented by tullyz1 at 2014-03-30 00:40
>roxanne6さん
私も2枚目を見ながら、ASPHだったらもっとクールなガラスになっていたかなと思いました。
球面は優しいガラスという感じになりますね。
Commented by tullyz1 at 2014-03-30 00:46
>izumi-suzukiさん
ライカで撮るとガラスの質感の表現が凄いですよね。
ここは室内ですが、クラフトフェアなどで屋外に並んだガラスを撮ると本当にリアルです。
まあいつもなんとなく撮っているだけなんですが
でもガラスに限らず、被写体を観察するときに光はいつも見てますね。
一番被写体がきれいに見える場所はたいてい1ヶ所しかなくて
選べるのであればそこで撮るようにしています。
撮っている人が感動していなければ、見てくれる人も
感動させられませんよね。
Commented by Desire at 2014-03-30 01:32 x
こんばんは
光ちゃんと読まれてる写真たちなのですねぇ
いつも魅力があるのは光だったのだと今更気がつきました(^^;)
2枚目のガラスの質感、ASPHだともっと艶ありのキレキレだとおもいますが、この潤いが球面の良さでもありますね(^_-)
Commented by sacra-fragola at 2014-03-30 02:46
こんばんは。
安曇野という場所がこういう文化を生むんでしょうけど・・・
いよいよそちらも暖かくなってきたのではないでしょうか?
靖国の桜も、今週に咲きそろいそうです。
生憎東京は既に雨が降り始めていますが・・・今2時半過ぎですが。
今日は雨でも出かけないと、本当に最近一歩も家から出てません。
引きこもりか・・・俺は。と言うぐらい出ません。いけませんね、これが寄る年波と言う奴でしょうか?
Commented by speedstar-dhy at 2014-03-30 10:18
おはようございます。
美しいものをゆっくりと鑑賞する。
そしてそれをライカで撮る、出来そうで出来ないことです。
最近そんな時間をとれていません。
Commented by tullyz1 at 2014-03-30 20:26
>Desireさん
被写体がオネーサンだと光なんて二の次ですが
クラフト系は光を見てますね。結構違うものなのですよ。
歩きながら被写体を見ていて、行きすぎたと思ったら戻るみたいな^^
ASPHか球面か。難しいですよね。
どっちもいいですが、両方は使いこなせません。
Commented by tullyz1 at 2014-03-30 20:33
>sacra-fragolaさん
蔵がいくつもある大きな庄屋さんの子孫の家で
何人もの作家さんがクラフトを展示しています。
コーヒーを飲んだりお蕎麦を食べたりすることもできます。
このところ急激に暖かくなったと思ったら、今日は雨で肌寒いです。
ほんとに三寒四温ですね。
田舎のネズミからすると、東京は見て周りたいところがたくさんありますけどね。
近ければですが。
ヒッキーしているなんてなんかもったいないです^^
寄る年波はわからないではないです。私も腰が痛いし
寒いせいもありますが、カメラ散歩いう気分になれません。
いまひとつ、外に出かけるエネルギーが弱くなったというか・・・。
Commented by tullyz1 at 2014-03-30 21:35
>speedstar-dhyさん
美術館のレベルではないですが、クラフトとしては
美しいものがたくさんあります。
写真も自由に撮らせたいただけますし^^
作家さんたちにはいつも感謝感謝です^^
クラフトフェアまではまだ少しありますが、
長い信州の冬もようやく終わりです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 安曇野スタイル2013(18) 安曇野スタイル2013(16) >>