人気ブログランキング |

紅葉の高遠城址(10)



d0108132_228827.jpg






d0108132_2281262.jpg





d0108132_2281980.jpg





d0108132_2282754.jpg




-------------
松本駅の西口(アルプス口)に地元のシニアがやっている「いばらん亭」という
蕎麦屋がある。
素人の蕎麦好きが始めた店らしいが、だいぶうまくなってきたということで
週末に行ってみた。
ざるそばは500円なのだが、まず湯豆腐のつきだしがでて、しばらくすると
ざるそばに蕎麦ゼリー、カットされたリンゴ、サラダが付いて出てくる。
ついで蕎麦湯が出てきて、最後に豆で淹れたコーヒーが出る。
お蕎麦はぎりぎりOKという感じだが、おまけが多くてかなり割安^^
店員はおばちゃん3人におじさん2人で無駄に人が多い。
日曜祭日が休みでお昼時間だけしかやっていない。

by tullyz1 | 2013-12-03 18:42 | Comments(8)

Commented by sacra-fragola at 2013-12-03 20:43
こんばんは。
最後の一枚を見ると、かなり整備された小綺麗な公園なんですね、高遠は。
しかし、発色が綺麗ですね。
Thambarもそうですが、ここの木々の色づきは最高に綺麗です。
蕎麦屋の話ですが、採算どがえしなんでしょうか?
しかし、人員構成は流石に無駄に多いですね。
Commented by tullyz1 at 2013-12-03 20:58
>sacra-fragolaさん
田舎の城址ですからね。高が知れています^^
R-D1に比べるとどうもクールな紅葉になってしまって
こういうのってRAW現像ではうまく変えられないのですよね。
曇りでしたが葉っぱの色はきれいでした。
天気はいまいちでしたが一応紅葉が見られてよかったです。
蕎麦屋は半分趣味ですね^^ 蕎麦を打ちたいのだけれど
一人で打っていてもつまらないので、お客様に来ていただいているという感じです。
材料費が出ればいいという感じでしょうか。
従業員も儲けるつもりはないのでしょうね。
ある意味、幸せな老後の過ごし方かもしれません。
ここでは月に一度、落語をやってます。プロをお呼びして。
ますますもって意味不明です^^
Commented by speedstar-dhy at 2013-12-03 21:18
こんばんは。
タンバールの紅葉ですね。この雰囲気はタンバールにしか出せませんね。
お蕎麦がぎりぎりOK、というのがなんとも微妙な感じです(^^;)。
Commented by tullyz1 at 2013-12-03 21:41
>speedstar-dhyさん
もう少し光が強いとタンバールらしさが強調されるのですが、曇りだと滲みも弱いです。
信州でも観光客向けのひどいお蕎麦は多いですが、ここは一応「可」でした。
コーヒーも食事と一緒の場合のみ200円とメニューに書いてあったのですが
頼みもしないのに出てきました^^
Commented by roxanne6 at 2013-12-04 06:45
この赤はM9の赤ですね、意味不明な蕎麦屋もおもしろそうです!
Commented by voyagers-x at 2013-12-04 09:52

おはようゴザイマス!!
美しいですね。
1〜3枚めの周辺の滲んだ感じ、素敵ですね。
綺麗・素敵とう定義付けから少しはみ出して本来は厳密な意味ではよく写らないレンズということなのかもしれませんが
写真という芸術性を考えると
普通の綺麗や素敵という定義は当てはめることが出来ないですね。
タンバールや球面ズミやノクチの写りをみて、優れたレンズの観念が自分自身明らかに逸脱しています(笑)
現代レンズってつくづくつまらないですね(笑)

Commented by tullyz1 at 2013-12-04 19:35
>roxanne6さん
カメラごとの色ってありますよね。
儲けを考えなければ何でもできますね^^
趣味の写真館みたいなものも面白そうです。
プロに頼むお金はないけれど、素敵なスナップを
撮って欲しいというオネーサンはいそうですけどね。
Commented by tullyz1 at 2013-12-04 19:35
>voyagers-xさん
すべてが正確に映ることは必ずしも
きれい・素敵につながらないかもしれませんね^^
そこに本質があるんですかねぇ。
夜目・遠目・傘の下といいますが、女性(に限りません)が
きれいに見えるためには鮮明に撮ってはダメなのでしょうね。
スナップにしてもできれば隠したい部分もありますし。
また、すべてが鮮明に写ってしまったら見る人が「想像」する
余地もないですしね。本物そっくりのすごいレンズだなあという
感想しか出てきません。
技術が進んだことで逆に記録ではない写真芸術って何だろうという
話になってきますね。
私はと言えば、「カメラで絵が描きたい」というのが
コンセプトですかね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 紅葉の高遠城址(11) 紅葉の高遠城址(9) >>