人気ブログランキング |

清水高原アート・フェスティバル (6)





d0108132_2225331.jpg

ロケットストーブ(車のオイル缶を加工してストーブにしたもの)でパンケーキを作ってくれるのだが、
その注意書きがこちら・・・



d0108132_22261835.jpg

これがロケットストーブ。震災でも起きたら役に立ちそう。
でも、短期間ならカセットコンロでいいか・・・



d0108132_22262575.jpg

うちの犬やカエルのハンコを作ってくれたはんこ屋さん。



d0108132_22263191.jpg




---------------
今日うちのワンコが息を引き取りました。
老衰です。16歳でした。
明日、お葬式をします。

by tullyz1 | 2013-08-29 18:52 | Comments(8)

Commented by sacra-fragola at 2013-08-29 21:09
こんばんは。
ワンちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
長い間寝起きを共にしていると、家族と変わらない感情をいだきますよね。
何時かは別れが必ず来るものなのですが、わかってはいても悲しいですね。
我が家の猫も何年か先には別れが来るのですが、寿命を全うして欲しいものです。
Commented by tullyz1 at 2013-08-29 21:56
>sacra-fragolaさん
ありがとうございます。
もう長いこと認知症だったり、だんだん歩けなくなって
寝たきりになったりでしたが、いざ逝ってしまうと悲しいですね。
どんな犬ともお友達になれる優しい犬でした。
病気や事故ではなく天寿を全うできたのはよかったです。
Commented by roxanne6 at 2013-08-29 22:46
ワンコ残念でした!でも良い飼い主と共に生きられてのは幸せでしたね

Commented by tullyz1 at 2013-08-29 23:16
>roxanne6さん
ありがとうございます。
ワンコもとても性格のいい犬で、人間にも犬にも好かれていました。
子どもたちからカワイイって言われると得意げにしてました^^
Commented by minton at 2013-08-30 00:38 x
明日ですか。16才。大往生と言いながらも辛いですね。
Commented by tullyz1 at 2013-08-30 01:07
>mintonさん
獣医さんに聞いても、キャバリアで16歳はまずいないのだとか。
大往生過ぎて認知症も患っていましたが、
それでも生きているというのはやっぱり違いました。
覚悟はだいぶ前からできていたつもりでしたが、
やっぱり死んでしまうと悲しいですね。
Commented by voyagers-x at 2013-08-30 09:07

おはようゴザイマス!!
今日のtullyz1さんの写真を見て楽しい気持ちになり
いつもと同じ気持ちでコメントを入れようと思って記事を読んでいたら
ワンコが亡くなった事が書かれていて......

自分の事のように悲しい気持ちになりました。
自分が飼っていたパグが死んだ時、僕は号泣しました。
今でも思い出します。
家族でしたからね。
”あの子”は甘えん坊だったからな


どうぞお気を落とされませんように。


Commented by tullyz1 at 2013-08-30 09:41
>voyagers-xさん
ありがとうございます。
1年余り認知症でしたし、最近の何カ月かは寝たきりで
床ずれの処置をしてあげる毎日でした。
治癒力も落ちているので治る様子もなく・・・
覚悟はしていましたが、いざ死んでしまうととても悲しいです。
16年間のいろんなことが思い出されます。
とても性格がよくて、ご近所のみんなに愛されていました。
犬が苦手な犬たちもうちのワンコだけは例外だったりとか。
たくさんの楽しい時間を一緒に過ごせたこと感謝したいです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 清水高原アート・フェスティバル... 清水高原アート・フェスティバル... >>