まつもと街なか大道芸5th(4)




d0108132_0352268.jpg

海外の方も見入ってます。



d0108132_0354420.jpg





d0108132_0361991.jpg





d0108132_037173.jpg



-------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 1730回転(0.8km)




東北にお出かけする前の日、珍しく革屋さんのイベントがあるというので、ちょっと冷やかしに行った。
田舎では革の入手は結構難しい。松本にはレザークラフト屋さんがあるのだが
現物を見るとしたらそこくらいか。カービングとかをやるためのヌメ革はあるけど、
それ以外の品揃えはあまり無いので通販で現物を見ずに買うしかない。
今回、ほとんどは安い革だったり、私はたぶん絶対使わないであろう爬虫類系の革だったりしたのだが
そんな中にイタリアのタンナー、INCAS社の革があった。
グッチやプラダに革を供給している会社だ。
何種類かあったが、その中の一つがとても素敵な手触り^^
なにをつくるといった当てもないが、とりあえずお持ち帰り^^
仔牛一頭分で結構大きいので、小さいトートバッグなら作れるかもしれない。




.
[PR]

by tullyz1 | 2017-08-16 16:37 | Comments(8)

Commented by Neoribates at 2017-08-17 02:47
仔牛一頭分を仕入れたとは.
袋物ができますね.
Commented by roxanne6 at 2017-08-17 06:16
いよいよものづくりやに転身でしょうね^^
Commented by voyagers-x at 2017-08-17 10:17
おはようございます!!
モノというのはシンプルなのが一番なのでしょうけど、いつも使うモノに限っては手にするとほっとするような安心感というか心地よさを感じたいですよね。それが愛着につながります。なかなか愛着を素直に感じてズッと使おうというモノに巡り会えません。ほんのちょっとの部分で自分の理想と違ったりしますね。仔牛一頭分!! 上手に作れる人にとっては素敵な材料になりますが、僕のような不器用人間には単に切り刻んでしまう羽目になりそう(^_^;
結局僕は市販の完成されたものを買ってみるしかないのですけど、残念ながらすぐに飽きが来てしまいます

Commented by tullyz1 at 2017-08-17 18:40
>Neoribatesさん
仔牛なので小さいものです。革なので縮むのでしょうね。
袋物を計画しているのですが、イメージしているバッグは
縫い方が大変で、本当にできるのか考えあぐねています。
Commented by tullyz1 at 2017-08-17 18:40
>roxanne6さん
コピーしようとしているトートが5万円で、今回の革が8千円なので頑張り甲斐があります^^
作りはじめたら途中で変更できないので、型紙を作ったりして検討を重ねています。
Commented by tullyz1 at 2017-08-17 18:41
>voyagers-xさん
そうなんですよ。特に革製品は見た目や手触りが大切だと常々思っています。
今回も革を触って、これで何か作りたいと思ったほど、しなやかで心地よい感触でした。
いろんなお店でバッグなどを見ますが、なかなかこれといったものが無いですし、
あっても凄いく高くて予算と折り合いがつきません。
革も高いし、手作業なので工数もかかるので高いのもわかるのですが、なかなか。
私も新しいものを作るときはかなり慎重になります。切り刻んで終わりという可能性も
ありますし。革は一度間違えて切ったら終わりなので、型紙や試作などで
二重三重に確認が必要です。そんなに時間をかけるなら買った方が早いというのも
確かですが、そこは趣味ですから^^ ペンケースなどを除けば一個しか作らないので、
設計に費やした時間はとても元が取れません。
そんなに時間がかかるものなので、気に入ったものがあったら作家さんをリスペクトして
少し高くても買いたくなります。
Commented by minton at 2017-08-17 18:59 x
僕も革細工の趣味があれば買ってみたいです。
若い頃厚い牛革に模様を打ち込むやつはやったことがあります。
Commented by tullyz1 at 2017-08-17 23:45
>mintonさん
基本がわかれば布を手縫いするよりも簡単です。
模様を打ち込むとか削るタイプのレザークラフトもありますが
それは美術的な才能を要求されるので、私は手を出していません^^;
名前
URL
削除用パスワード

<< まつもと街なか大道芸5th(5) まつもと街なか大道芸5th(3) >>