乾漆の動物たち

松本では「工芸の五月」と称して、あちこちでクラフト系のイベントが行われる。
そのひとつが池上邸の蔵で行われた「大曾根俊輔による乾漆の動物たち」だ。
奈良の阿修羅像で使われている乾漆という技法を使って、動物を作っている。



d0108132_9225876.jpg

用水路で遊ぶカバ。
この辺の用水路は湧き水が流れているのでとてもきれいだ。



d0108132_923319.jpg





d0108132_923761.jpg

丸いしっぽのマナティー。ジュゴンはイルカみたいなしっぽ。



d0108132_9231065.jpg




----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 1878回転(0.9km)








.
[PR]

by tullyz1 | 2017-06-13 17:26 | Comments(12)

Commented by Neoribates at 2017-06-13 18:47
いやいや,イイ仕事してますねぇ.
木芯乾漆なんでしょうか.それにしても精緻な造りですね.仏像くらいしか知らないので,リクガメのようにこんな細かな造りにはびっくりです.でも,水に入れてしまっても大丈夫なんですねぇ.それだけ隙間無く漆で仕上げているのでしょうが
Commented by izumi-suzuki at 2017-06-13 19:36
カバさんも、カメさんも、本物のようです。    最初、「 ん? どこの動物園にいらしたのかな? 」って思ってしまったくらいです。
乾漆というのですね。 凄い技術ですね。
カメの甲羅の筋も首筋の皺も リアリティに溢れていて、このまま博物館に展示してもおかしくないような気がします。松本には 本当にたくさんの工芸家の方がいらっしゃるのですね。
自治体で、芸術家を育てるような試みをしているのでしょうか?
本当に素晴らしく奥が深くて感動します。
Commented by Desire at 2017-06-13 20:39 x
これ作り物なんですか!?
凄い技術ですね~
びっくり、いや只ビックリするだけです
でも野球のオネーサンの方がいいです(^ ^)
Commented by tullyz1 at 2017-06-13 20:44
>Neoribatesさん
イイ仕事でしょう^^ 作家さん、まだ若いです。
いろんなところに作品を出しているそうですが
松本周辺で金継ぎの教室とかも持っている方です。
これも漆芸ですね。
陸ガメは細かいですよね。阿修羅からは想像できません。
カバは流れもせず、展示していた2日間、壊れもせず、
どうやっていたのか不思議です。
以前のブログはこちら。http://sonezoo.exblog.jp/
Commented by tullyz1 at 2017-06-13 20:44
>izumi-suzukiさん
なかなかリアルでした。マナティーも実物大とか。
どこかの水族館のマナティーがモデルだそうです。
乾漆は興福寺の阿修羅を作った技術で、
戦乱の世に持ち運びできる軽い仏像を作ることができたのだとか。
この展示の後、今は以前紹介した市内の本屋さんに展示されているようです。
作家さんは地元の方ではないのですが、どうして移ってきたのでしょうかね。
別に作家さんが住みやすい場所だとも思えませんが。
Commented by tullyz1 at 2017-06-13 20:48
>Desireさん
興福寺の阿修羅を作った技術です。
阿修羅って木彫ではないのですよ。
張り子の虎みたいなものなのです。
とてもリアルにできていて驚きです。
次はぜひオネーサンの像を作ってほしいですよね^^
仏像みたいに何体か並べて欲しいです^^
Commented by jimmyny at 2017-06-14 09:39
いずれの動物のリアルそのままですね。凄い!
最初、拝見した時には文章を読まずに写真だけを見て、ありゃ今回は松本の動物園での写真かな?と
思いました。乾漆なのですね。ということはいずれも軽くて移動も楽なはずですね。
常設で展示されているものなのでしょうか。是非とも近くでじっくり見てみたいものです。
Commented by voyagers-x at 2017-06-14 10:33
おはようございます!!
凄く精巧な作りですね
本物のように生々しい感じですね
何か作る時、やっぱりこれくらい本物そっくりな方が後で見て楽しいですね
so-netにメールの契約をしていてよくウィルスを削除しましたと報告をうけます
今は動作の軽いウィルスバスターを使っていますが......
デスクトップに入ってるけど、ノートには何も入れていません
昔は複数台に同じインストールキーでインストール出来たのに、今は出来ないのかな......
ウィルス対策ってなにかされていますか?

Commented by roxanne6 at 2017-06-14 11:42
本物から型取りしたのか、はたまた剥製を加工したのかとも思われるほどですね。
Commented by tullyz1 at 2017-06-14 18:30
>jimmynyさん
松本に動物園は無いんです^^
奈良で乾漆のお勉強をしたばかりなので
とても興味深く見ることができました。
触ってもいいということでしたが、確かに軽いです。
蔵での展示は2日間だけでしたが、
その後、本屋さんで1週間ほど展示されていたようです。
保管場所も大変でしょうから
展示しておいてもらった方がいいのでしょうね^^
Commented by tullyz1 at 2017-06-14 18:30
>voyagers-xさん
よくできてましたね。興福寺の阿修羅もできたころは
こんな感じでリアルだったのでしょうね。
マナティーは2mくらいあって巨大でした。
展示場所が蔵の中ということもあり、なおさらリアルに見えました。
Win7までは検出性能の高い無料のウィルスバスターを使っていましたが
Win10からは標準のアプリが十分いいので、別には入れていません。
絶対に必要なアプリなので最低限はOS標準でやってほしいですよね。
Commented by tullyz1 at 2017-06-14 18:31
>roxanne6さん
私ならそういう手段を取りそうですが、制作現場の写真やスケッチもあるので
そういう姑息な手段は取っていないのでしょう^^
カバの剥製って取り回しがちょっと大変そうですし・・・
名前
URL
削除用パスワード

<< クラフトフェア松本2017(1) 野球観戦(3) >>