京都・奈良 冬の旅(40)






d0108132_231311100.jpg

ワイルドだろう^^ 
角が切られていなければ、いったいここはどこの森かと思います。



d0108132_23132519.jpg




d0108132_23135148.jpg


奈良公園~春日大社
-------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 3015回転(1.4km)









.
[PR]

by tullyz1 | 2017-05-16 17:14 | Comments(8)

Commented by sacra fragola at 2017-05-16 23:34 x
こんばんは。
一枚目を見ると本当にどこの森かと思いますね。
ここいらの鹿はかなり人に慣れていて、餌をせびりに来ませんか?
以前、ここの鹿ではありませんがかっぱえびせんを袋さら持って行かれました。
結構前足でアタックしてくるんですよね。
面喰って一気にえびせんを奪われました。
Commented by tullyz1 at 2017-05-16 23:46
>sacra fragolaさん
奈良公園の一角なのですが、森の中の野生のシカという風格でした。
集団でエサをせびるシカとは違い、ちょっと野生を感じました。
この森の空気のせいでしょうかね。
時期的なものもあるのか、あまり人に寄ってくるシカはいませんでしたね。
この時期の客はエサをくれないというのを知っているのでしょうか。
オヤジ狩りにあわず、よかったです^^
Commented by voyagers-x at 2017-05-17 10:55
おはようございます ! !
外国の森の中の光景の様に見えます
臨場感がありますね

今日の午後から診療を放置して(父がいるのでいいかな ^^; )
子供を久住の方に迎えに行って、その後コンサートです
アルゲリッチと小澤征爾
小澤征爾は最近体の具合が悪くてキャンセルや講演の演目が少なくなってしまうこともあるらしいと
最初で最後の共演になりそうなので、しっかりと聞いて目に焼き付けておこうと思います


Commented by jimmyny at 2017-05-17 15:38
奈良の観光は大仏と鹿でもっていると揶揄されてますが、鹿の登場ですね。
奈良公園のDeer Lineに気づかれましたでしょうか。公園の木々は鹿が立ち上がり
葉っぱを食べるので高さ2m程度は枝や葉っぱがなく見通しがいいのです。鹿は
馬酔木やワラビを食べないのでこれらの下草は残るのです。
Commented by tullyz1 at 2017-05-17 18:08
>voyagers-xさん
立派な角のある鹿だったらよかったのですが、
なかなかそううまい具合にはいきません。
臨場感はこのレンズのおかげですね。
例のアルゲリッチですね。
最後に小澤征爾を聴いた時も、ブラームスはキャンセルになって
より短いベートーベンの交響曲になりました。
あの歳まで指揮しているということ自体凄いことなのですが。
楽しんできてください。
Commented by tullyz1 at 2017-05-17 18:13
>jimmynyさん
鹿もいろいろ撮りましたが、なかなか画になるものはないです。
人と絡めないと難しいですね。
Deer Lineはわからなかったです。
まだ緑が少なかったからでしょうかね。
松本に東にある美ヶ原高原も最近はシカが増えすぎて
高山植物が絶滅の危機です。
ジビエ料理とかもやってますが、もっと獲らないと追いつきません。
Commented by roxanne6 at 2017-05-17 18:20
鹿君増えすぎているようで、どうなるんでしょうね
Commented by tullyz1 at 2017-05-17 18:25
>roxanne6さん
最近は狩猟をする人も減ってきているので、鹿は増える一方ですね。
美ヶ原高原では群れをなして走っている姿を見ます。
鹿革や鹿肉の普及を図っているようですが、昔と違いますからねぇ。
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都・奈良 冬の旅(41) 京都・奈良 冬の旅(39) >>