京都・奈良 冬の旅(39)

旧奈良駅舎
今は観光案内とスタバになっている。


d0108132_235186.jpg




d0108132_2355074.jpg




d0108132_2355760.jpg




d0108132_236210.jpg



------------
今日のハムスターの回し車の回転数: 2526回転(1.2km)








.
[PR]

by tullyz1 | 2017-05-15 17:06 | Comments(12)

Commented by un giorno at 2017-05-15 20:18 x
阿修羅像が木彫りでは無い、とはどういう事なのか興味が湧きました。
スタバの看板、節のある板で面白いですね。
それと、最後のお写真の若者達の視線の先には何があったのでしょう?
Commented by roxanne6 at 2017-05-15 20:58
ここが本ものの駅だった頃しか知りませんで、時は変わる!です
Commented by umi_bari at 2017-05-15 21:53
えええええ、JR奈良駅は、今では駅ではないんですか、
いつも近鉄ばかりなので滅多に行かないんですよ。
実務は新しい駅舎なんですか?
Commented by jimmyny at 2017-05-15 22:48
私、実はこのJRの旧駅舎で観光ボランティアとして海外からのお客さんのお相手をしてるのです。
ひょっとして撮影された時にカウンターの中にいたかもしれないですね。
この駅舎はJR奈良駅の改築に伴い10数年前に元の場所から18m、駅舎をそのまま移動され、その後2009年
から観光案内所として利用されてます。この4月には1万数千人の外国からの観光客のご案内をしてます。
Commented by sacra fragola at 2017-05-15 23:46 x
こんばんは。
旧奈良駅舎良いですよね~。一度行きたいと思い、未だに行けてない建築物の一つです。
この時代の建物は本当に面白いものが多いです。
スタバの看板も洒落てますね。
Commented by tullyz1 at 2017-05-15 23:46
>un giornoさん
阿修羅は脱活乾漆像といって、いわば「張り子のトラ」なのです。
軽いのです。持ったことはないですが^^
仏像って木彫りだけだと勝手に思っていました。
木の看板のスタバというのが奈良っぽいと思いました。
若者たちは何かのイベントの案内をしていたようでした。
Commented by tullyz1 at 2017-05-15 23:47
>roxanne6さん
さすが鉄ですね^^ 新しい方も行ってみましたが、普通の駅でした。
Commented by tullyz1 at 2017-05-15 23:50
>umi_bariさん
ここは旧駅舎と呼ばれていますね。
ここが駅として使われていた頃にタイムスリップしてみたいですね。
車で行ったので新しい駅舎はお土産を買ったくらいしか知りませんが^^
Commented by tullyz1 at 2017-05-15 23:53
>jimmynyさん
あ、そうだったのですか^^ この辺も海外の人を良く見かけますね。
京都とはちょっと違う国の人でしたが。欧州が多いのでしょうかね。
10数年前の移動ですか。昔のような、そうでもないような^^
1万数千人も来ますか。さすが世界の奈良ですね。
Commented by tullyz1 at 2017-05-15 23:57
>sacra fragolaさん
外から見た感じが奈良っぽい建物ですよね。中もちょっと驚きましたが。
sacraさんとしては押さえておかないといけない建物ですね^^
スタバも建物とうまく同化していました。
Commented by voyagers-x at 2017-05-16 11:44
おはようございます ! !
奈良駅舎、結構いい感じですね
せっかく日本なので、日本らしい雰囲気の建物がどんどん増えるといいのですけど
日本らしいというかその場所のトレードマークの様な......
東京駅って素敵ですね
最近の町の開発はモダンになるだけであまり個性がない様な気がします

Commented by tullyz1 at 2017-05-16 18:09
>voyagers-xさん
確かに最近の駅舎は普通のビルが多いですね。
建設費が安いというのが大きな理由でしょうか。
昔の鉄道は国営事業だったし、国の威信を支えるものでしたが
民営化され、鉄道がメインの交通手段ではなくなり、
お金をかけてという雰囲気にはなりにくいのでしょうね。
植民地時代には反映した国々は素晴らしい建物や文化を残しましたが
今は技術的には高度ですが、文化という意味においては
100年後に何が残るのだろうと思ってしまいます。
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都・奈良 冬の旅(40) 京都・奈良 冬の旅(38) >>