京都・奈良 冬の旅(14)






d0108132_031093.jpg






d0108132_0311319.jpg

寺のお掃除をする地元の子供たち。



d0108132_0311760.jpg





d0108132_0312337.jpg


知恩院

-----------
今日のハムスターの回し車の回転数: 5551回転(2.5km)



Mデジタルのセンサークリーニング方法について質問がありましたので書いておきます。
私はR-D1の時に
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2005/05/31/1632.html
で勉強した通りにやってます。まず、これを読んでください。
APS-Cに比べてフルサイズはセンサーがマウントぎりぎりまであるのでやりにくいです。

ブロワーなんか使うと機内のゴミをまき散らすのでやめた方がいいです。
無水アルコールをハンドラップに入れるなんて書いてある記事もありますが
量の調整が難しいし、保存中にすぐ揮発してしまうので、
私は百均でガラス瓶の小さなアトマイザーを買ってきて、
それに無水アルコールを入れてます。
プラスチックだと溶けるかもしれません。
使うときはシルボン紙に3,4回吹きかけます。
吹き付ける量は拭いたときに均一に濡れて1,2秒で乾く程度です。
シルボン紙が手に入らなければ、HCLのレンズクリーニングペーパーでもいいです。
HCLのデジタルクリーニングペーパー厚紙は拭きにくいのでやめた方がいいです。

まず、現状把握。LCCなんかで使う乳白色のアクリル板をレンズの前に当てて
F16とF11で電球や蛍光灯などの光源を撮影します。
前述の記事のように白い紙をピントを合わせず撮るとか、
最短にピントを合わせて青い空を撮るとかしてもいいです。
F11で埃がはっきり見えなければ良しとしています。
モニターで結果を見て、どの辺にどの程度のゴミがあるかを把握します。
実際は画像が上下左右が逆になったりしますし、掃除することで
新しいゴミも付きますので、なんとなく把握する程度です。
前述の記事に書いてある通り、先端をややくさび状にした割り箸に
シルボン紙をしっかり巻き付けます。割り箸の先端より、
箸がくっついている上の方が幅が広くて(5mmくらい)いいです。
シルボン紙にも埃が付いているので、私は巻き付ける前に
指で2回くらいはじいて、埃を落としています。
割り箸の先端からシルボン紙が5~10mm出ている状態にします。
きれいな指でシルボン紙を一度つぶして、平らにすると拭きやすいです。

シルボン紙の用意が出来たら、カメラをクリーニングモードにしてシャッターを切り、
すぐにレンズを外します。
シルボン紙の先端にアトマイザーで無水アルコールを両面に2,3回ずつ吹きかけます。
センサーに強く押し付けないようにしながら、優しくセンサーの上部から
左から右に一方向に拭きます。拭いた部分に多少重ねるように
直ぐ下を拭きます。そうやってずらしながら下まで拭いて、
最後は右端を下から上に拭き上げます。窓ふき同様、この部分に
ゴミが溜まることが多いからです。
アンダーラインマーカーで広い面積を塗る要領です。
途中でシルボン紙の反対側を使ってもいいでしょう。

終わったら、埃がセンサーにつかないようにカメラを下に向けて
電源を切ります。
現状把握同様、結果の確認をします。
シルボン紙は1回限りで捨てます。
これを最悪20回くらい繰り返すと、埃がなくなる瞬間があるので
そこでやめます。3回くらいできれいになることもあり、運しだいです。
センサーの端のゴミがうまく取れないときは、カメラを回して
センサーの上下を逆にして拭きます。

(念のため、すべて自己責任でお願いします。)


d0108132_14523364.jpg






.
[PR]

by tullyz1 | 2017-04-06 14:42 | Comments(10)

Commented by roxanne6 at 2017-04-06 17:37
ありがとうございます、今度GX8あたりで練習してMに行ってみたいと思います、謝謝
Commented by umi_bari at 2017-04-06 18:00
こうやって、檀家さんでしょうか、子供の頃から掃除をして
感謝に気持ちが備わるのでしょうね。
知恩院さん、最近行っていないんですよ、今回も行けませんでした。
センサークリーニング、アラック、怖くて出来ないんですよ、サービスセンターへ
持っていってしまいます。
Commented by tullyz1 at 2017-04-06 18:12
>roxanne6さん
それがいいと思います。
くれぐれもご隠居のように割り箸で直接センサーをごしごしされませんように^^
Commented by tullyz1 at 2017-04-06 18:23
>umi_bariさん
どこかからか子供の声が聞こえてくると思ったらお堂をお掃除していました。
京都ならではですよね。
知恩院は今修理していまして、だから大方丈を特別に公開しているのでしょうね。
ライカのサービスセンターって限られているので、田舎住いだと自分でやるしかないのですよね^^;
Commented by voyagers-x at 2017-04-07 11:18
おはようございます ! !
あー、デジタルの嫌なところはバッテリー問題と電子的トラブルと
それとゴミ問題です
僕はデジ一眼で撮像素子を交換した事があります......ゴシゴシやりすぎて ^^;
ライカを使いだしてから、一度もクリーニングモードにした事がありません
自分でやるのは怖いな.....
あー、そろそろサービスに出さなくちゃいけないけど.......

Commented by tullyz1 at 2017-04-07 13:12
>voyagers-xさん
ですよねー^^ 何度もやっている私ですら面倒ですもの。
R-D1の時にはちょちょっとクリーニングできていたのですが
フルサイズになったら難易度が上がり、10回とか掃除しても
ゴミが残っていたりすると、もういいかと思ったりします。
でもゴミがゼロになると「よっしゃ!」っと達成感が半端ないです^^
え!センサー交換組ですか^^;
一度そういうことを経験すると怖くなるでしょうね。
最近、ちょっと絞り気味で撮影することが多くなったので
チェックは怠りません。でもそれほど汚れていないような・・・。
Commented by jimmyny at 2017-04-07 21:02
センサーのクリーニング方法の丁寧な解説、大変参考になります。
いきなりは怖いので、適当な?カメラでまず練習してみたいと思います。

こうして知恩院の写真を拝見するとやっぱり圧倒される立派な寺院だと感じます。
Commented by tullyz1 at 2017-04-07 23:21
>jimmynyさん
jimmynyさんならライカ京都が近いので行った方が手っ取り早いかもしれませんが
私の場合はいちいち銀座に送らないといけないので自分でできるようにしておく必要があるのです。
でも最初にR-D1でやったときはちょっと怖かったのですが、
慣れるとちょっと面倒くさいレンズ拭き程度なので、15分もあればできてしまいます。
知恩院、山門だけかと思ったら巨大な大方丈がありました^^;
Commented by minton at 2017-04-08 10:13 x
なるほど。まだ怖くてできないのですが、どこかで練習します。
R-D1がいいですね。^^
やってみます。
やる気にならないと、手順などが頭に入ってこないです。
Commented by tullyz1 at 2017-04-08 17:55
>mintonさん
要は自作のアンダーラインマーカーで窓を拭くだけの話なのですが
割り箸がセンサーに直接触りさえしなければ壊すことはありません。
R-D1もクリーニングしたらきれいになりますよ。
絞って写真を撮っても大丈夫になります^^
名前
URL
削除用パスワード

<< 京都・奈良 冬の旅(15) 京都・奈良 冬の旅(13) >>