旧林家住宅(4)

革を使って立体的な装飾を施した「金唐革」という壁紙が昔あったのだが
それを紙で模して、立体的にした壁紙「金唐紙」があちこちの部屋で使われている。
当時はこの壁紙を外貨獲得の手段として政府も考えていたという。
旧岩崎邸(東京)にも使われていたが、林家の壁紙が日本で唯一残っている当時のものらしい。


d0108132_23525474.jpg





d0108132_2352588.jpg




d0108132_2353215.jpg




d0108132_0454959.jpg



-------
今日のハムスターの回し車の回転数: 12600回転(5.7km)










.
[PR]

by tullyz1 | 2017-03-18 16:53 | Comments(2)

Commented by minton at 2017-03-19 09:47 x
岩崎邸は贅を尽くしていますが、それに通ずるというのはすごいですね。
地方の豪商の栄華が伝わってきます。
こういうものが日本でここだけというのも驚きです。
Commented by tullyz1 at 2017-03-19 12:14
>mintonさん
exciteブログの不具合、ようやく直ったみたいですね。
まあ無料なので文句言う筋合いでもないですし、
お金払ってもたぶん同じなのだろうとも思います。
大抵の場所ではもっといい壁紙に変えてしまったのでしょうね。
跡を継ぐ人がいなかったのが功を奏して残ったようです。
名前
URL
削除用パスワード

<< 旧林家住宅(5) 旧林家住宅(3) >>